熊野古道の旅・1日目伊勢神宮発女鬼峠超え〜2日目ツヅラト峠超え

念願の熊野古道5泊6日で歩きました。熊野古道にはたくさんの道があるのですが、私たちが歩いたのは伊勢神宮と熊野本宮をつなぐ「伊勢路」というルートです。

まずは伊勢神宮にお参りです。早朝だったので人が少なく、雨で空気が潤っていることもあって、気持ち良かったです。

まずは女鬼峠を超えます。可愛らしい花々を眺めながら歩く歩く。

・・・が、歩けど歩けど峠につかない。これはおかしいと近くを通ったおばあちゃんに聞いたら、なんと、山一個分の道を間違えていました。記念すべき最初の「女鬼峠」は越えられませんでした。なんということでしょう。

運良く近くに駅があったので、次の場所「三瀬谷駅」まで電車で移動できました。1時間に1本の電車が5分遅れて到着し、私たちも同時に到着し、全力ダッシュで何とか乗れました!神様ありがとう!

1日目は旅館満栄に宿泊。初日から珍道中です!

2日目は「梅ケ谷駅」からスタート。電車を降りて歓声をあげました。とても美しい神社が目の前に。「八柱神社」です。こんなに美しい神社は初めて見ました。地元の方が大切にしていることがよくわかる神社でした。

さ、いよいよ最初の峠「ツヅラト峠」です。(本当は2つ目のはずだけど)こんな祠があると、いよいよなのだなと気分が盛り上がってきます。

突然、細く薄暗い山道に。これが古道・・・。

ツヅラト峠は杉並木でした。

なるほどなるほど、熊野古道はこういうことですか。

苔が好きです。可愛い小花に癒されます。

頂上には絶景が!

山の神。

江戸時代の石畳が続きます。

この石の階段を上って、世界遺産のツヅラト峠は終わりです。ここから駅まではアスファルトの道を歩いていきました。

江戸時代の人たちに思いを馳せながら(妄想しながら)、歩きました。過ぎ去った過去って、確かにあったことは間違いないのだろうけど、もうそれを見ることもできないし、絶対に証明することもできないですよね。だから、ないのにあったということが不思議で不思議でたまらないです。それで、つい妄想してしまいます。

熊野古道は想像以上に山道でした。侮ってました・・・!

1日目:伊勢神宮から女鬼峠超え(・・・のはずだった)で三瀬谷駅へ。旅館萬栄に宿泊。
2日目:梅ケ谷駅からツヅラト峠超えで紀伊長島駅へ。電車で尾鷲駅に移動してビジネスホテルに宿泊。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ◆4つの女徳タイプ”居場所があると安心する慎重型の礼…

  2. コンサルティング例・足を引っ張る承認欲求

  3. 女徳塾は2番目の家族

  4. プロフェッショナルへの道

  5. 女性経営者の顧問コンサルティング例

  6. ◆恋上手になれる大切な一歩◆女徳指南書265号

  7. ブログもホームページもないのに、紹介だけで半年先の予約が埋まるサロン

  8. みんな「幸せになりたい」 ただそれだけ

PICK UP

  1. 仕事も恋も思いのまま!

最新の記事

過去記事を読む

/