自信がない自分99%、たった1%の情熱を選択したら欲しいものが手に入った

情熱や志は、目の前のことに一生懸命取り組んで、自分と向き合う内に湧き上がってくるもの。誰の中にもあって、理屈抜きに自分を突き動かすもの。

ですが、誰もがはっきりと認識しているかというと、そうではありませんよね。

でも、誰もが欲しいと思っているものではないでしょうか。

自信がない自分を振り切って、たった2%の情熱を選択した

私は19歳で最初の起業をして、21歳で挫折を経験しました。

29歳でもう一度挑戦したのですが、それまでの8年間は、「こんなところで終わりたくない!」という野心や反骨精神がフツフツと燃えたぎっているのに、どうしても自信が持てず「進みたいのに進めない・・・!」と自分で自分の足を引っ張っている状態でした。

やらずにはいられないくらい好きなこと、情熱、志、そういうものがほしいと心から願っていました。

29歳で一念発起してもう一度起業したのは、自信がない自分ではなく、挫折したまま終わりたくない!自分を生かしたい!という情熱を選択したから。

とはいえ、99%は自信がない自分、情熱はたった1%でした。

たった1%を選択したのは、99%が100%になってしまったら、もう2度と別の道を選択できなくなるだろうと思ったからです。それだけは絶対に嫌だったので、勇気を振りしぼって1%の情熱を選んだのでした。

決めてからは人一倍努力しました。当時の師匠から全てを吸収する勢いで。すると、続けていくうちに目の前の人がみるみる変化していくことに喜びを感じ、自信がつきはじめ、「幸せな女性でいっぱいにしたい」という志が湧き上がって、理屈抜きに突き動かすものになりました。

稲盛和夫さんが、「自分が燃える一番よい方法は、仕事を好きになることです」とおっしゃったのは有名ですが、本当にその通りだと思います。

目の前にあることをとにかく全力で続けてみないと見えない世界ってあるんですよね。

後悔しない人生の選択基準

あそこまで勇気を振りしぼることは、この先もうないのではと思います。清水の舞台から飛び降りるという心境そのもの。

あの覚悟を決めた瞬間から思うことは、「決めてよかった」この一つだけ。後悔したことは一度もありません。誰かの言葉や意思に頼ることなく、自分一人で悩んだ末に、不安ではなく希望を選択したからでしょうね。

歳を重ねるほどに不安や孤独がつのって、自分を哀れんだり人生を嘆いたりするのだけは絶対に嫌。死ぬ瞬間に「あー!楽しかった!いい人生だった!やりきった!」と笑って終えたい。私の選択基準はこの2つ。

これまでも、これからも、変わらないと思います。

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. 自分も周りも幸せになっていく選ばれる女へと、人生が大逆転!

  2. 五感と六感は、自分を惑わす?それとも幸せにする?

  3. 【女徳塾】京都の旅

  4. 【軽井沢3日目】神秘的な白駒池に立ち寄って、夜は大宴会

  5. 【ワークショップ】テーマは《私の挑戦》アルマーニ・リストランテでお茶会…

  6. 【美容】女徳で美しく!常備菜で腸内美人♬

  7. 上場まで視野に入れてビジネスコンテストで優勝したプイちゃんと!

  8. 理想のライフスタイルの実現は、自分が人生の主人公になること




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む

/