「何があっても味方でいること」を大切にしているのは、それが原点だから

19歳の時に、大変お世話になった方が、着物をくださいました。とっても素敵な着物ばかり。きっと上等なものばかり選んでくださったのでしょう。

この方は、山田彩乃の命の恩人なのです。この方との出会いがなかったら・・・どんな人生になっていたのか想像もつきません。

今の状況をお伝えしたら、「あの彩乃ちゃんがねぇ・・・!」と、とても喜んでくれました。「でも、私は何かすると思っていたわよ」とも(笑)有り難さで胸がいっぱいです。

本当にどうしようもない人生でしたが、当時から「あなたはもっとすごいことができるんだから。あなたは賢いんだから」と、信じて励ましてくれました。

わたしには、こういった命の恩人がたくさんいます。大げさではなく、死んでもおかしくない人生だったのに、信じてくれる方々とのおかげで今があります。

たった一人、心から信じて味方になってくれる人がいれば、人生は変わる

わたしは、誰もが可能性は無限だと信じています。

その可能性をどこまで生かせるかはもちろん自分次第ですが、何より大切なのは、その可能性を信じてくれる存在だとも思っています。

わたしも信じてくれる人がいたから、今があります。たった一人いるだけでいいんです。そのたった一人がいなかったら、間違いなくわたしの今はありません。

わたしが「何があっても味方でいること」をとても大切にしているのは、それが原点だからです。

どんな人だって、壁が目の前に立ちはだかったら、自分を信じきれなくなる瞬間があるものです。それでも「絶対に大丈夫。あなたならできる」と心から信じて励ましてくれる人が一人いてくれたら、踏ん張れますよね。

わたしは何があっても絶対に味方でいるし、手に入れたい世界を実現する力があることも信じています。生まれてきた喜びや、生きる喜びを目一杯に感じるために、今ここにいることも。

あなたには、いつだって信じて味方になってくれる人がいますか?きっと、誰もがそういう人に支えてもらって今があるのだと思います。思い返してみると、たくさんの人の顔が浮かぶかもしれません。

今日は、これまで支えてくれた人たちを思い出して感謝する1日にしてみませんか。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 4日目「○○には、実はすごい才能の種が隠れている」

  2. 志高い方々との出会い

  3. 事業にビジョンはいらない?!

  4. 新生姜と栗

  5. ブログもホームページもないのに、紹介だけで半年先の予約が埋まるサロン

  6. 謹んで新春のお慶びを申し上げます

  7. 自分が主役の舞台はどこにある?

  8. 自分と向き合うと、コミュニケーションスキルが上がって仕事の成果も変わる…

過去記事を読む

最近の記事