いい女は、品性と知性が内から香り立つ

塾生と大人なデート中、シャンパンでほろ酔いになりながら、

品性と知性の話になりました。

いい女は(いい男も)、品性と知性を感じるよねって。

 

品性も知性も、

愛という矢印をどれだけ相手に向けられるか

ということなのだと思います。

 

自分以外の誰かに愛が向いている人からは品性があふれ出ているし、

知性を身につければ身につけるほど、

自分以外の誰か・・・遠い国の会ったこともない人のことでさえ、

思いやらずにはいられなくなるのでしょう。

 

やっぱりどこまでいっても

自分ご都合主義の我を捨てることなんですよね。

 

経済的に貧しいわけじゃないのに貧乏くさい人や、

美人なのに美しくない人っているけど、

だいたい心が満たされていないとか、

心にたくさんのわだかまりや傷を抱えたままという場合が多くて、

それを解消していくと本当に内から輝きだすんです。

 

満たされていない部分を満たせば我は消えていくから、

我慢することでも自分を押さえつけることでもなくて、

我を捨てるっていうのは幸せになるってこと。

 

笑顔で美しい女性がいると、同じ女性だって癒される。

笑顔も美しさも内面から。

世界を癒すのは愛。

私も品性と知性が香るよう、我を捨てて、ますます幸せになるぞ♡

 

大人なデートをした品川のマリオットホテル東京は、

駅から少し離れているけど静かでお気に入りです。

シャンパンフリーフローのハイティーがおすすめ。

銀座のマリオットもそうだけど、

マリオット系列は接客が丁寧で日本的で高感度大です。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 女徳塾のデメリットと、得られる「価値ある特徴」とは

  2. 誰もがみな幸せになりたいだけ

  3. 期待を手放すということ

  4. 影響力とカリスマ性

  5. 誇りと傲慢の違い

  6. 女徳を高めると、仕事も恋も選ばれて、こんな風に幸せになる

  7. あなたが日々こんなことを考えているなら、すでに愛も自信も手に入れている…

  8. 仕事も恋も選ばれる、誇り高き女性

過去記事を読む

最近の記事