【旅ログ】やっぱり大好き沖縄!2日目は浜比嘉島へ

1日目↓↓↓

【旅ログ】やっぱり大好き沖縄!まずはやむちん通りへ

やむちん通りのあとは仕事を済ませ、レンタカーで浜比嘉島に向かいました。

まずは、うるま市にある勝連城跡へ。

立派な石垣が残っていました。

やっぱりサンゴなんでしょうか、石の感じが本土とは全然違いました。

360度海!こんなところにお城があったんですね。印象的だったのは、お城の一番上に神社があったことです。人間よりも、神様の方が上に鎮座するのですね。

浜比嘉島に着く頃には夜に。景色が見えないけど、まずは一息。

えー、なんと、おねこ様が。

かわいい・・・・・

さて、翌朝寝室からの眺めです。電線が少し残念ですが絶景!部屋からもお風呂からもどこからもこの景色なのです。この時期は雨が多いので、どうなることやらと思っていましたが、なんとか曇り。

浜比嘉島は、沖縄の始祖と言われているアマミチュとシルミチュが暮らした場所と言われています。まずは、二人が暮らしたとされている洞窟シルミチュへ。

ここが入り口です。

ここでアマミチュとシルミチュが暮らして、子どもをうみ、その子孫が沖縄全土に暮らして今の沖縄になったそうです。

ここで暮らしていたとか。鍾乳洞が。私たちはアマテラス、沖縄はアマミチュ。似てますね。元は同じ話で、沖縄バージョンが、本土に伝わってバージョンになったのかしら。

続いて、アマミチュの墓です。

後から知ったのですが、満潮だとここは通れないみたいです。

ここがアマミチュのお墓。

続いて、ノロの墓へ。ノロというのは沖縄県の公の巫女のことなのだそうです。鬱蒼としていて怖かったので走って戻ってきました。あんまり気軽に観光するところじゃないのかな・・・

続き↓↓↓

【旅ログ】やっぱり大好き沖縄!3日目は浜比嘉島→平安座島→宮城島→伊計島へ

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 女のたしなみ

  2. ◆”美味しいおまけ”がもらえる人生◆女徳指南書305号

  3. 2016年最初の女徳塾は、特別な邸宅をお借りして、東京大阪合同奈良合宿…

  4. 【旅ログ】やっぱり大好き沖縄!まずはやむちん通りへ

  5. 影響力とカリスマ性

  6. 【こだわりの一品】発酵食品の甘酒は美肌にも美腸にも抜群に良い!

  7. ◆恋上手になれる大切な一歩◆女徳指南書265号

  8. 2015年1月の女徳塾は合同で箱根合宿!レポ♡

PICK UP

  1. 仕事も恋も思いのまま!

最新の記事

過去記事を読む

/