誰もが一つ一つの小さな選択で、自分だけの人生ゲームを作っている

「辛いこととか、大変なこととか、ゲームみたいなもの」と思うことにしています。

人生というゲームは必ずクリアできるようになっているし、クリアするまで諦めないか、クリアする前に諦めてやめてしまうか、その違いだけ、そういう風に自分で決めています。

遊びのゲームにはなかなか熱くなれないけど、人生のゲームはいつまでも熱く取り組みたい。

自分だけの人生ゲームは誰にも真似できない

人生のゲームは、自分次第なんです。安定の道も選べるし、可能性を信じて予測不可能な道も選べます。自分次第で道は決められるし、いつでも変えられる。・・・わたしは、予測不可能な方を選んじゃうんですけどね。

どんな道を歩んでも、ゴールにたどり着いたときに振り返ってみると「山田彩乃ゲーム」としかネーミングできないようなオリジナルのプロセスができあがっていて、きっとそれは誰にも真似できないんです。

そうやって、誰もが一つ一つの小さな選択で、自分だけの人生ゲームを作っています。わたしも誰かの人生ゲームは絶対に真似できない。

プロセスはスタートからゴールまでの選択一つ一つで成り立っていて、その一つ一つは苦しくて大変なこともたくさんあるかもしれないけれど、乗り越えてふと振り返ってみたら、揺るぎない自信が生まれてたり、自分を好きになっていたり、自分を誇らしく思えていたりするのだと思います。

人生ゲームを楽しむために必要なもの

自分だけの人生ゲームを、「あ〜楽しかった!」と思いたいですよね。

そのために必要なものの一つは、どんな状況も楽しめる心の強さでしょう。図太さですね。失敗もゲームの一つだと笑い飛ばして、ブレずに、まっすぐに進める強さがあれば、もって生まれたものを生かしてなんだってできるし、振り返った時に自分を好きになる選択ができます。

そうできない心の弱さみたいなものって、過去の傷ついた心が癒えていなかったり、育った環境で培った思考の癖だったり、色々な原因がありますが、自分と向き合って、自分を変えることで、一つ一つ終わらせることができます。

自分次第で変えられるなら、さっさと終わらせて、自分を生かすことだけに労力を惜しみなく使って、みんなで笑い飛ばして幸せいっぱいに楽しく生きたいですよね。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 悩むことは必要だが、落ち込む時間はもったいない

  2. 本物のお話

  3. 【箱根3日目】箱根神社→河口湖→箱根湯本駅→新宿駅

  4. 【つれづれ】お気に入りの場所は今日も同じ景色

  5. ファスティング最終日はゴッドハンド仕上げ

  6. 文楽の忠義ものがグッとくるのは日本人のDNA?!

  7. 7日目「仕事も恋も、思いのままの人生に!」

  8. 2014年7月女徳塾 披露山合宿&BBQパーティーレポ♡

PICK UP

  1. 全記事

最新の記事

過去記事を読む

/