深いところでつながる感覚は、まるで魔力みたいにじわじわと不思議で強い力があるのかも

2017年12月5日に取得したPoints of You国際認定トレーナー。このブログを書いているのは2018年12月3日だから、ちょうど一年前の明後日です。これまでの自分が知らない世界であろう方を敢えて先生に選び。おかげで自分に足りなかったものをたくさん吸収して成長できた1年でした。

先週はPoints of You創始者のお一人、ヤーロン・ゴーランさん来日記念イベントに参加しました。麻布にある素敵なホテルが会場で、庭は美しく紅葉していました。麻布にこんな素敵なホテルがあったなんて知らなかった!

ちなみに、東京の前に開催された名古屋では、なんと!能楽堂で能面を使ったワークショップだったそうです。一体こんなアイデアどこから湧いてくるの!能楽堂に能面!伝統芸能好きにはたまりません。名古屋での様子はこちら。

さて、東京のワークショップ。会いたい人がその場にいれば内容は見ずに申し込むタイプなので、当日まで何をするか知らなかったですが、昼の部は一般の方も参加できるワークでした。Points of Youの代表的なツールであるコーチングゲームを使って、企業での活用法を紹介する内容だったので、企業関係の方も多かったようです。

実際にワークをしながらPoints of Youを楽しみましたが、すっっっごく大きな気づきがあったのに、夜にはすこーんと抜けてしまって!あぁ、残念!もはやまったく思い出せません。脳がデリートしたということは、完全に腑に落ちちゃったんでしょうね。そのくらい大きな気づきだったので。(メモすればよかった)

夜の部はトレーナー以上が参加できるイベント(だったらしい)。Points of Youの4つのツールの一つ、パンクタムを使って、チームに分かれてワーク。

私はこのメンバーでした。みなさん、本当に素敵で!Points of Youが名刺変わりになっているから、すでに繋がっている感覚みたいなものがあるんですよね。

さらに、もう一つのワークを。Points of Youの4つのツールの一つ、フェイシーズを使ったワークでした。

最終的に私の手に残ったカード。このカードから未来の自分を引き出しました。ambitiousは大好きな言葉。

1日かけてPoints of Youを味わってみて、Points of Youはてっきり問題解決ツールという認識でいたけど違うんだなという気づきがとても大きかったです。自分自身とも、目の前にいる相手とも、深いところで対話ができたり、真意に近づいたりできる、ディープコミュニケーションツールなんだなって。

その結果、問題解決や目標達成に繋がることも多々あるだろうけど、あくまでも二次的というか副産物で。問題解決や目標達成にダイレクトに繋がるツールというよりも、目的を「自分との対話」にフォーカスして使う方がずっとずっとこのツールを生かして良い循環を起こせるのだと思います。

「Points of Youはなんのためのツールか」というところがいまいち腑に落ちずにモヤモヤしていたので、目的がくっきりしたことは私的には感動レベルの気づきでした。

目標達成も問題解決もアドレナリン出まくりのスポーツみたいで楽しいけど、自分とも他人とも、深いところでつながりの感覚を得られることの方が、まるで魔力みたいにじわじわと不思議で強い力があるのかも。セロトニンとかオキシトシンが穏やかに作用して幸福レベルが上がるみたいな感じ。

ヤーロンさんと、のりこトレーナーと。

Points of Youの国際資格が1日で取得できる講座を開催します。現在はメルマガで募集しているのみですので、興味がおありの方はぜひメルマガにご登録ください↓↓↓

メール講座のお申し込みはこちらです

Points of You®コーチングセッション募集・仕事の悩み、恋の悩み、突破したい問題がある方

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. 2017年カウントダウンパーティー@フォーシーズンズホテル丸の内

  2. 【塾生の声】松村 和美さん

  3. 結局のところ、地味で地道な努力をした人が勝ち

  4. 仕事と恋、どちらか選ぶなんてイヤだし、どちらも手に入れたい

  5. 【Points of You®】仕事も恋も思いのままに、自由に、好きに…

  6. 【第4回女徳勉強会】こうなったらいいな!を実際に形にする有言実行の方

  7. 世界最高のおもてなし「アマン東京」

  8. 理想体重や毛穴レスをキープしているのは、自己管理のたまもの!(ビフォー…




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む