価値観真逆で要求がハイレベルな母(いわゆる毒親)と良い関係を築く方法

母にホテルランチに誘われ、駅から1時間くらい歩こうとスニーカーで向かい。着く間際になって「しまった!ホテルランチなのにスニーカーで来てしまった!」と思ったけどもう遅い。

案の定「なんて格好でくるのよ」となじられ。

いつも服と靴を買いたがって、今日もやっぱりプレゼントしてくれたけど、帰り際「ちゃんとした格好してください。見ずぼらしいのはやめてください。」と、さらに小遣いまで・・・!

いつもいつも服やら何やら送ってくるのは、見ずぼらしく見えていたからだったの(笑)特に山登りの時のキティトレーナーは見ずぼらしくて驚いたらしい。山登りだからボロ着るでしょと言ったけど、とにかくダメらしい。

ちなみにこれ↓

価値観真逆で要求がハイレベルな上にストライクゾーンが限りなく狭い母ですが、そんな母を大切な友人として見るようになってから、程よい距離感で関係が良好になったばかりか、母を尊敬するようにもなりました。自分と対話し、自分を変えたことで、こんなにも変わるのだということを自分自身で証明したことの一つ、というわけです。

女徳塾は、考え方や捉え方を修正し、必要であればトラウマのケアもし、自分が変わると世界が変わることを実際に体験してもらう場ですが、パートナーや両親と、驚くほど、見違えるほど、良好な関係を築いていく方が多いので、自分次第で変えられる部分が大きいことは否めないし、大きな可能性だと思います。

みんなやり方を知らないだけなんですよね。考え方や捉え方、トラウマや不要な感情を解放する方法などを。怒りや恨みや後悔に実は囚われていたりして。自分が変わればあっという間に幸せになります。変わらないのは、自分を変えられていないから。とも言えます。私は変えた!と思っていても。

女徳塾は方法をお伝えして、一緒に習得しながら実際に自分次第で人生が変わることを体験する場です。私が必ず約束していることは、何があっても味方でいることと、いつもどこでも応援者だということ。縁の下の力持ちとして、あなたが輝くお手伝いをするのが私の役目だし喜びです。

両親との関係は色々なところに影響していることがほとんどです。影響していない人に会ったことがありません。自分の中にある両親へのわだかまりがなくなって別のものに変換し昇華できると、人生は大きく大きく舵を切り始めます。

幸せになるお手伝い、ぜひさせてください。

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. 【東京・日本橋】紅花別館のココットカレー!

  2. しなやかさと、したたかさ、両方大切

  3. 自分に合う乳酸菌を見つける

  4. ご先祖と向き合うことは自分と向き合うこと

  5. JWLI(Japanese Woman’s Leaders…

  6. 【お客様の声】「愛されていない自分」「ダメな自分」は、たくさんの愛にな…

  7. ソウルメイト、大切な人たち、普遍的なこと。

  8. 仕事も恋も選ばれる女が、何もかもが豊かなのは・・・




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む