理想体重や毛穴レスをキープしているのは、自己管理のたまもの!(ビフォーアフターあり)

私、元々はこんなでした。

  • すぐにニキビができる
  • 激太りと激痩せを繰り返し
  • いつも体調が悪い
  • 年に数回は救急で病院に
  • 1ヶ月マックのフィレオフィッシュばかり(許容量を超えたのか、ある日突然食べられなくなった)
  • サッポロ一番しか食べない時期も(当時は塩派、後に味噌派)
  • その後の主食はポテトチップス

・・・と、かなり偏っていました。運動はしません。

普段どんなお手入れをしているのか、どんなことに気をつけているのか、本当ーーーによく聞かれるので、僭越ながら解説させていただこうと思います。

下に驚きのビフォーアフター写真を掲載。絶対に変われると知ってほしい!

楽しく続けられることをしていたら、自己管理できるようになった

今ではベスト体重をずっとキープしているし、お肌も毛穴レスな方だと思います。

病院も滅多に行かなくなりました。35歳になった2015年現在も大学生に間違えられることがあります。(童顔のおかげも大きいとは思いますが)

それまで好き勝手に生きていたのをやめ、自己管理できるようになったことがとても大きいです。何をやっても長続きせず、やってみたいことは手当たり次第に試す好奇心旺盛なタイプですが、楽しく続けられることだけをコツコツ続けていたら、確実に変化がありました。

例えば10年以上続けているのはこんなこと。

  1. 普段のお手入れはいたってシンプル(化粧水すらつけない)
  2. スイーツは酸化の元だから時々
  3. お惣菜は滅多に買わない
  4. 野菜はなるべく無農薬、パンは買うなら天然酵母、油はEXVオリーブオイル
  5. 低GI&低糖質
  6. 陰陽五行の5色を意識する
  7. 月に1〜2回は全身のリンパを流す
  8. 年に1〜2回、1週間のファスティング

内容は自分が楽しんで続けられるものをカスタマイズすればいいと思いますが、コツコツ続ければ絶対に変われますよ!

自己管理はするけど、我慢はしない!

「自己管理」というと堅苦しいけれど、自分のことはちゃんと自分で管理しないと太るのも老化するのもあっという間。「もっと早くしておけば良かった」という後悔だけはしたくないから・・・今やります!!

「自己管理=我慢」と思う方が多いみたいですが、わたしはほんとうーーーーに、我慢はしていません。

自分と向き合って心が整うまでは自己管理は苦しく大変なことでしたが、心が整えば整うほど自己管理は自分を慈しむためのことになっていって、今はとても楽しいです。「我慢を楽しめるようになった」という方が正しいかも。

何をするにも「楽しく夢中にれる自分」に変わることが、一番大切かもしれません

自分を慈しむための自己管理は、心が満たされる循環を生む

自己管理するようになって、体調や肌のことだけでなく、自分を大切にできるようになったことも大きな変化です。自分を慈しんでいるからこそ、身近にあるちょっとしたものでも、他人の愛情や手間を味わう余裕も生まれました。

たとえば、無農薬で手間隙かけて作られた野菜、天然酵母で時間をかけて作られたパン、一から自分で作る料理など、食べ物一つ一つからだって感じられるので、それを目にしたり口にしたりするだけで自分の心が満ちるという、素敵な循環が生まれます。

自分を大切にできていないと他人の愛情や手間も大切にできないし、自分が幸せじゃないと人のことも幸せにしたいとは思えないんですよね。愛とか喜びとか心が豊かな循環は、自分を慈しむことから始まるんです。きれいごとではなく。

は、突然ですが、こちらが今よりも13キロ太っていた頃になります

では・・・

突然ですが、

こちらが今よりも13キロ太っていた2003年になります。

どーん!!

これ、お腹はできる限りめいっぱい凹ませていますので。

この頃、ヒップが98cmありました。「あ〜間もなく1mなんだ〜!」と不思議な感覚になったことだけ覚えてます。

その後も肥え続け、13キロ痩せたのは友人の起業をプロデュースした2007年。玄米食に変えたら痩せました。この時は嘘のようだけど本当にそれだけ。忙しくて量が減っていたのかもしれません。

今はアトピーや肌荒れも完全になくなりました。(ニキビは今でも出ますが)体調も大きく変化があり、本当に本当に元気になりました。病気をしたことがある方なら共感していただけると思うのですが、元気になって人並みの生活が送れるって本当に喜びです。

病気はさておき、普通に考えて、13キロの荷物を24時間365日全身に巻きつけて生活していたのに、それがなくなったわけだから元気になりますよね。

いずれ、同じ場所で同じポーズで撮りたいものです。

髪型は・・・旅していたマルタ島で切ったらヘルメットになっただけで、スタンダードではないです。

ちなみに・・・

自己宣伝になりますが、こんな頃でもモテたしものすごく尽くされていたんですよね。だから「仕事も恋も思いのまま」を仕事にしているわけです。

そして、身長155cm、体重43kg、体脂肪率21%キープの今現在。(ベストは19%だけどなかなかいけない)

見ての通り、何もかもが別人です。すっぴんですし(コンビニで普通に売っているスキンアクアを塗っているだけ)、お腹も凹ませていません。

自己管理を身につけて、本当に本当に良かったです。本気で、心から、心底、思います!!

それでは、毛穴レスや体型をキープしている自己管理を一つずつ解説しますね。あくまでも、これが正しいとか良いとかいう意味ではなく、私自身に合っていて楽しく続けられているものですので、お間違えのないよう。

1、普段のお手入れはいたってシンプル(化粧水すらつけない)

普段のお手入れはとてもシンプルで、何もつけずに肌断食することも多いです。

・・・というとかっこいいですが、ただのズボラです。かれこれ15年ほど、化粧しない日は水洗いで済ませるし、化粧水もつけません。化粧した日はオイルクレンジングで落としてそのまま寝ます。

20歳頃までは手入れしまくっていたんですよ。肌が突っ張って粉をふくので、化粧水をつけないなんてありえませんでした。でも、何事も「これがないと困る」というストレスがすごくいやで、思い切ってやめてみたんです。

そうしたら、肌が生まれ変わって、これがないと困るの状態から、何もなくても大丈夫になりました。

その代わり、化粧する前はかなり入念に化粧水を入れ込みます。10プッシュを3〜5回とか。そのあと美容液も丁寧に入れ込んで、UV乳液でふた。

肌の手入れをじっくり丁寧に扱う時間は、自分を慈しむ時間として大切にしています。バシャバシャ適当になんて絶対しない。

肌をお褒めいただくことが多いですが、肌を慈しむようにお手入れすることと、あまり構わないことが効果を発揮しているのではないかと思います。

2、スイーツは時々

スイーツは、時々、お友だちとの時間を楽しむ程度にしています。

シュガードラッグの悪循環にハマるとやめられなくなりますよね。甘いものが欲しくなって我慢するほうが面倒だしストレス。だから最初から食べなくても大丈夫な体になっているほうがいいと思って。

それに、和菓子やマカロンを一つ食べたくらいでは変化はありませんが、アフタヌーンティーなどでたくさんのスイーツを食べる日が続いたりすると、体がものすごくだるくなります。もっと続くと、毛穴が開いてきて肌がゴワゴワしてきます。

スイーツが好きな人ってシミやソバカスもたくさん出ている人が本当に多い。糖質を減らす生活はお肌にてきめんなので、悩みがある人は一度ぜひ試してみてほしいです。

和食中心や玄米食にしていると、スイーツなど甘いものを欲しなくなると言いますが、本当にその通りでしたよ。糖質を包んで排出してくれる不溶性食物繊維をたっぷり取っているから、血糖値のコントロールが上手にできているのでしょうね。

母の友人に、中国人とモンゴル人の方がいるのですが、お二人とも日本にも海外にも会社があって飛び回っているにもかかわらず超超超美肌!甘いものは全く食べないそうです。

3、お惣菜は滅多に買わない

お惣菜はとっても便利。

でも、油の質や添加物は美や健康のサポートをしてくれるとは思えません。甘辛い味付けのものも多いですし(つまりスイーツを食べているのと同じってこと)。

かといって、仕事にエネルギーを注ぎたい働く女性には、簡単で美味しくなければ自分で手間暇かけるなんて、なかなかできません。

わたしも料理が嫌いだし時間もかけられないですが、ただでさえ外食が多いので、家で食べるときは簡単なものを自分で作るようにしています。玄米とお味噌汁と作り置きがあれば家の食事は十分。

オススメのお惣菜をいくつかご紹介します。

「醤油漬け生姜」

生姜の醤油漬けは常備。醤油大さじ4、酒大さじ4、みりん大さじ4を一煮立ちして、フードプロセッサーやミキサーでみじん切りにした生姜を入れるだけ。ご飯のおかずにもなるし、うどんや野菜炒めにかけても美味しい!

オリーブオイルとお酢と柚子胡椒と合わせれば、美味しいドレッシングになります。生姜は身体の巡りをよくしてくれます。女子はいつも巡らせておかないとね♡

「甘酸っぱい菊の花♡」

菊の花はうるうる瞳にかかせません!お酢100cc、羅漢果やエリスリトールなどの甘味料50gをよく混ぜた中に、さっと湯どうしした食用菊を漬けておくだけ。箸休めにオススメ。

「野菜のフリッター」

野菜60gに対して、きな粉を15gと卵白一個分をほーんの少しの水で溶いて、フライパンで少量のオーリーブオイルで焼きます。揚げていないのに、とっても美味しいてんぷらになります。あられを少しまぶすと香ばしくなってオススメ。

醤油と生姜に鶏肉を漬け込めば唐揚げに。山芋もオススメ。サクッととっても美味しいです。春菊もほろ苦くてたくさんの量もあっという間に食べちゃいます!

「生メカブ♡」

このなんとも愛らしいスケルトンのものは、生メカブの茎です。生メカブや生わかめは旬が本当に短いので、見つけたら即買い。美肌や乾燥に役立つフコイダン、水分を排出してくれるカリウム、糖質を排出してくれる食物繊維がたっぷり。

さっと湯に通すと、目を見張るようなきれいな緑になってすぐに食べられるので、とっても手軽です。茎をうすーくスライスしたら、こんなに愛らしい姿になりました♡

4、野菜は無農薬、パンは天然酵母、油はEXVオリーブオイル

買い物には滅多に行かず、ネットで購入することがほとんどです。

頑張っている農家さん、愛情を感じられる商品、そういったものを選んで買うようにしています。メインは「なのはな生協」。週末に開催されているマルシェにもよく行きます。旬のお野菜や手作りのものが買えて楽しいですよね。

野菜にしても、パンにしても、オリーブオイルにしても、こだわって作られたものは味や香りが全然違うし手にするだけで嬉しくなります。それに、少量で満足するから不思議。

5、低GI&低糖質

白米よりも玄米。白パンよりも黒パン。パスタよりもお蕎麦。

血糖値が急激に上がるものを避けるだけで、食生活も、お肌も、体型も、変わります。食べてもすぐにまた食べたくなる負のループは、シュガードラッグにはまっている状態。太る一方。シミやソバカスも増える一方。

とはいえ、あまりにも糖質を抜いてしまうと、最初は体重が落ちていきますが、どんどん痩せにくくなります。朝と昼は茶碗半分くらいの糖質、卵やお肉などのタンパク質、オリーブオイルなどの脂質をしっかり摂ることが、美容にもダイエットにも大切。

フルーツの糖質は賛否両論ありますが、わたしは朝や昼に積極的に食べます。おいしいし、ビタミンミネラルがたっぷりだし、それで体重が増えたことはありません。

6、陰陽五行の5色を意識する

陰陽五行の「緑、赤、黄、白、黒の」5色も、楽しめる程度に意識しています。

厳密にするのは大変だけど「赤が足りないなぁ。そうだ!スパイスのパプリカを振りかけよう!」と、少し意識するだけで目にも鮮やかになって楽しいですよ♡

緑は葉物野菜。赤はりんごやトマト、赤身の肉や魚。スパイスのパプリカはふりかけるだけで赤をプラスできるのでオススメ。黄はかぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、人参など。白は白菜やレンコン、白身魚や鶏肉。黒は昆布やごぼう、きのこ類。

1日でこの5色を食べるように、ちょっとだけ意識してみる心の余裕ってほしいじゃないですか。それぞれ内臓の働きを助けてくれる効能などが異なるので、5色を取り入れると全身を万遍なくサポートしてもらえますよ。意識してみると、それまで結構偏っていたことに驚くかも。

根菜類全般は糖質が高いので、食べるなら朝か昼に少量がベスト。

あくまでも楽しめる範囲で!

7、月に1〜2回は全身のリンパを流す

紹介がないと予約が取れないゴッドハンドに、月に一度は全身を流してもらっています。最後に発汗もするのですが、尋常ではない量の汗が出ます。疲れやむくみにてきめん。具合が悪い時や病み上がりは汗がくさい!

以前は首や肩の痛みがひどく注射で痛みを抑えるほどでしたが、それもすっかりなくなりました。毎日運動ができれば良いですが、簡単なストレッチ程度。。本当に助かっています。

メンテナンスは長く続けることが大切。必ず変化が出ますよ。

8、年に1〜2回、1週間のファスティング

初めてファスティングをしたのは2003年。自己コントロールができていなかったのですぐにリバウンドしましたが、ファスティング前と後の体の劇的変化に本当に本当に驚いて、それ以来、あちこちのファスティング&断食道場に行きました。

2010年頃からは、新年と6月に1週間ほどのファスティングをしてメンテナンスしています。この2回でベスト体重をキープしています。

自己管理できるようになったのもファスティングのおかげ。自分の感情に流されていると、努力したファスティングがあっという間に水の泡になるので、感情をコントロールする術というか、感情とか脳のシステムみたいなものをファスティングで研究して自己管理が当たり前になりました。

ファスティングについては、美容レポのカテゴリーでも読めますので、興味がある方はどうぞ。

できることを、楽しみながら

このどれもが、20年以上かけて、本当ーーーーにたくさんのことを試した中で、楽しみながら続いていること。あれこれ試しながら、自分にあったスタイルを見つければいいのではないかなぁと思います。

ほんの少しのことでも、日々続けることで大きな差が出るはず。

もしも、好き勝手な生活スタイルだったらどうなっていたのかは検証のしようがありませんが、旅行などでこのスタイルが崩れると、途端に毛穴が目立ったりたるんだり疲れやすくなったりするので、きっとかなり違いがあるのだろうと思います。

仕事も、恋も、美も、健康も、コツコツ続ければ、結果は必ず出ます。ぜひ、理想の自分へ近づいて、幸せや喜びを感じる、充実した毎日を過ごしてほしいです!

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. 【旅ログ】やっぱり大好き沖縄!最終日はぬちまーす敷地内の超パワースポッ…

  2. 2018年カウントダウンパーティー@フォーシーズンズホテル丸の内

  3. “ここ”をバージョンアップすれば、仕事も恋も思…

  4. あなたは理想のライフスタイルを実現できる?「女徳診断」の解説です!

  5. 自分だけの人生ゲーム、どう作る?

  6. 【第3回女徳勉強会】2015年4月19日(日)開催!

  7. 曾我兄弟の仇討ち(wiki情報)

  8. 【塾生の声】小柳 東子さん




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む

/