「ハミングバード スターバックス カード プログラム」

今年もスターバックスの「ハミングバード スターバックス カード プログラム」が始まりました。

通常のスターバックスカード同様使えるのですが、カード発行時に100円(購入者負担)が寄付され、購入代金の1%(スターバックス負担)が、公益財団法人みちのく未来基金に寄付されます。今年はシックなデザイン♬

女徳勉強会でも公益財団法人みちのく未来基金様に収益を全額寄付させていただいている関係で、スターバックス様とは何のご縁もないのですが、何となくこの時期になるとソワソワしますし、勝手に親近感を感じたりしています(笑)

私がみちのく未来基金様を知ったのは3年前。塾生の方々と2度被災地を訪れたことがきっかけでした。

みちのく未来基金様が創設された最初のきっかけは、阪神淡路大震災を経験された民間企業の 「復興には子どもの進学支援が重要だ」という強い思いだったそうです。その思いから1ヶ月経たないうちに選ばれた方々が被災地入りされ、まず、あらゆる情報を整理したところ、25年間の進学絵支援が必要だということと、返済義務のない支援は日本にはないということがわかったそうです。

親を亡くし、20歳にも満たない若者が、何百万円もの借金を背負うことは非常なストレスです。学業どころではありません。そこで、返済義務のない支援にしようと決断されたそうです。さらに、生活費を支援してくれるところなどもあるため、他の支援と自由に併用しても良いということも決められたそうです。

そのどれもが本当に素晴らしい偉業だと思うのですが、あれだけ混乱した状況の中で、25年間で46億円を支援し続けると決断されたことがすごいことだと思いませんか。

当時のお話をうかがうと本当に壮絶です。「何かの力が働いたとしか思えない」そうおっしゃっていました。ホテルもないからシングルに男性2人で泊まり込み、電話も引けない状況の中、日本のためにご自身を顧みずに奔走されたお話は、いつ何度うかがっても感動しますし、勇気と日本人としての誇りをいただきます。

私たちが知らないところで、こうして日本のため、未来の若者のため、尽力してくださっている方々がいらっしゃるのですね。私たちも知らないだけで、きっとその恩恵を受けてきているのでしょう。

みちのく未来基金様のお話をうかがって、私は日本人であることを誇りに思いましたし、私たちも後を追い、次の世代に背中を見せていけるような生き方をしたいと強く思います。

第4回女徳勉強会では、公益財団法人みちのく未来基金理事の河崎様にお話していただけることになりました。河崎様のお話は何をうかがっても為になることばかりです。私もとても楽しみです!

みなさまも、ぜひぜひ聞きにいらしてください!
http://jotokujuku4.peatix.com

 


人気のブログ記事



3.女徳勉強会のお知らせやレポ