ココナッツオイルでココキューブ♡

ココナッツオイルでココキューブ♡

最近、ココナッツオイルが美容に良いと話題ですね?

山田彩乃はココナッツが大好きなので、以前からファイバー(ココナッツクッキーなどに入っている白いココナッツの繊維)などを料理やスムージに使っていました。今日は大きめの製氷器にグラノーラとドライフルーツを入れて、ココナッツオイルを注ぎ、冷蔵庫で冷やしてみました。

名付けて、ココキューブ♡

味も栄養価もとってもリッチ。朝食やおやつに1ブロック食べるとちょうど良いです。そのままでは食べにくいので、ナイフで少し砕いてから食べています。ヨーグルトに入れても美味しい!

 

ココナッツオイルの美容効果って??

ココナッツオイルは脂肪になりにくく、美容効果が高いと言われていますね。ところが、ココナッツオイルは、ラードなどと同じ飽和脂肪酸なのです。なぜ、美容に良いのでしょう?

飽和脂肪酸の中でも、ココナッツオイルは中鎖脂肪酸という種類で、ラードなどは長鎖脂肪酸という種類です。長鎖脂肪酸は、リンパや静脈を通って、筋肉や肝臓に運ばれ、体内に脂肪として貯蔵されます。長鎖脂肪酸は体内に蓄積されやすく、動脈硬化の原因になるとも言われていますね。

それに対して、中鎖脂肪酸は摂取してからすぐに肝臓に運ばれてエネルギーになるので、蓄積されにくいと言われています。また、中鎖脂肪酸が燃焼するときに、長鎖脂肪酸の燃焼を即し、体脂肪を減らす効果もあると言われています。

しかも、飽和脂肪酸は元素の結びつきに酸素が割り込みにくいので、酸化しにくいという特徴があります(結束が固くて入り込めないイメージ)。だから、炒め物や揚げ物にも使えます!美容効果が高いと言われている亜麻仁油などの不飽和脂肪酸は、元素の結びつきに酸素が割り込みやすいので、熱に弱く酸化しやすいという欠点があります。

 

ココナッツオイルはケトン体?!

断食をすると、尿にケトン体の値が増えます。断食をすると脳が「なんか、栄養入ってこなーい!!」と緊急事態モードになります。すると、まず、肝臓から血糖を作り出しその場を補います。それも枯渇すると「肝臓だけじゃ足りなーい!!」とさらに緊急事態モードになり、蓄積された脂肪をエネルギーに変え始めます。脂肪が分解されてできたケトン体を糖の代わりにエネルギーとして使うのです。(この状態をケトーシスと言います)これが、断食時にケトン体の値が増える仕組みです。山田彩乃も、断食時にケトン体の濃度を調べたらしっかり増えていましたよ?

さて、上記で説明したように、中鎖脂肪酸は肝臓で分解されてケトン体になります。ケトン体は、唯一、糖の代わりにエネルギーになります。普通、人は糖をエネルギーとして使いますよね。糖といえば、チョコレートや白米です。それらを食べると血糖値が一気に上がるので、脳が「血糖値下げてー!!!」と指令を出し、インスリンが大量に分泌されます。すると、脳が今度は「インスリンで血糖値下げすぎー!!!上げてー!!!」と指令を出して空腹中枢を刺激し、血糖値を上げるために、またチョコレートや白米が食べたくなるのです。

ところが、ケトン体をエネルギーとして使う場合、インスリンを必要としません。つまり、空腹中枢が刺激されないのです。そして、糖の代わりに脳のエネルギーになるため、糖分を欲しません。ココナッツオイルは、空腹中枢も満腹中枢もそっとしておいてくれるのですね?山田彩乃はコーヒーに1杯のココナッツオイルを入れて飲むだけで空腹感は全く感じなくなります。ココキューブを1個食べるだけで、とっても満足感があります。

 

ココナッツオイルのアンチエイジング効果は?

ココナッツオイルには、老化の大敵、活性酸素を除去する効果の高いビタミンEが含まれています。また、ラウリン酸が50%含まれているのです。ラウリン酸、聞き慣れませんよね。ラウリン酸は母乳に含まれる成分です。赤ちゃんは病原菌に対する抵抗力がありませんが、その体を守ってくれるのがラウリン酸です。ラウリン酸が体内に入ると、さらに高い抗菌抗ウイルス効果を持つモノラウリンに変化します。ラウリン酸がたくさん含まれているのは、ココナッツオイルと母乳だけです。

 

ココナッツオイルは塗って良し食べて良し!

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめると・・・

中鎖脂肪酸なので脂肪になりにくく、体脂肪を減らす効果が期待できる!
飽和脂肪酸なので酸化しにくく、熱を加えることもできる!
すぐにエネルギーになるけれど、ケトン体なので空腹中枢が刺激されない!
抗酸化作用の高いビタミンEが含まれている!
抗菌抗ウイルス効果の高いラウリン酸が高含有!

良いことづくめですね♡

 

そうはいってもココナッツオイルは・・・・

そうはいっても、ココナッツオイルは脂肪です。1日スプーン1?2杯が適正量と言われています。(山田彩乃は元々油に弱いので、それ以上摂ると気分が悪くなります)上手に取り入れて、普段の美容効果を高めたいですね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


人気のブログ記事



8.美容