仕事と恋、どちらか選ぶなんてイヤだし、どちらも手に入れたい

プライベートでこの上なく大切にされながら、やりがいのある仕事でスケールアップもしたい。どちらか選ぶなんてイヤだし、どちらも手に入れたい。

女徳塾はそういう女性を応援しています。

もしも、本当はどちらも欲しいのに手に入っていないのなら、これまでの自分のやり方が何かしら間違っているということ。何かを変えなくちゃいけないってこと。

敵出現のたびに相手を変えるよりも、自分を変えた方が効率的

変えるのは、気持ちをわかってくれないパートナーや、使えない上司や、動向が気になるライバルたちをどうにかすることではありません。

敵出現のたびに相手を変えるなんて、ものすごく大変です。人生から敵はいなくならないし、その方法だと年を重ねるごとに敵が増えて、しかも強くなっていくから。

自分自身をバージョンアップした方が、早くて、確実で、ビックリするくらい効果がありますよ。ずっと効率的です。

能力も勢いもある女性に限って、プライベートがうまくいかないのはなぜ?

そのためにまず取り掛かるのは、問題の根本にある原因を探ることです。

根拠のない自信を持ち合わせているような、能力や勢いがある女性に限って、本当の気持ちを素直に言えなかったり、お願いすることや頼ることが苦手だったり、素直に謝れなかったりします。

仕事はある程度の成果を出せるのに、プライベートはうまくいかない。大抵のことは揃って幸せなはずなのに心が満たされない。心から満足できない。

このことが、不思議なほど共通しています。

どうしてこんなことが起きるのでしょう?

プライベートがうまくいかない女性は、自分を〇〇のが得意

実は・・・・自分を偽るのが得意なのです。

本当の気持ちを素直に言えなくても、上手に理由付けして自分の中で終わりにできるし、

お願いすることや頼ることが苦手でも、ちょっと無理をすれば自分でできてしまうし、

素直に謝れなくても、私だって大変なんだからと流せてしまう。

これ、ぜーんぶ自分を上手に偽っているだけ。

上手に理由付けして自分の中で終わりにしたつもりでも、傷ついたり、寂しかったり、本当の気持ちは終わりになっていません。自分で自分をないがしろにしているだけ。

ないがしろにして蓄積していくものは、自分で自分の足を引っ張るだけです。仕事は他人との関わりなので、それなりに自分を抑えることができますが、自我全開になるプライベートで全部でますよね。悪循環でしかない。

持って生まれたものを発揮したいのなら、仕事だけでなく女性としてもこの上なく満たされたいのなら、何より心から幸せになりたいのなら、自分をないがしろにしてはダメです。

心のスキルアップは、置いてけぼりになっている自分を救うところから

これ、実は子どもの頃から繰り返している可能性が大きい。

例えば、本当に言いたいことを飲み込んでいたり、自分が頑張れば親に喜んでもらえたり叱られずに済んだり。いつも誰かと比べられたり、どんなに頑張っても褒めてもらえなかったり。

そこと向き合うのは勇気がいることもありますが、今後の人生が豊かになるために必要なものが一瞬の勇気なら、さっさと勇気を出して向き合って解放した方がいいと私は思います。

心のスキルアップは、置いてけぼりになっている自分を救うところから。

心に変化があれば、行動にも必ず変化があります。おもしろいくらい現実にも変化が起きます。

自分をないがしろにせずとも、今よりもっと自分を生かせるし、もっと満たされます。自分と関わる人のことももっと幸せにできます。その世界は、今は想像がつかないくらい幸せだと思います。

もし、この記事を読んで自分にも何かあると感じたり、自分と向き合って大きく変化したいと感じるなら、迷うことなくプロの力を借りてください。

そして、持って生まれたものを生かして、豊かで満たされた人生を大満喫してください。

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. たくさんのパワーをくれた過去の自分と、予言を信じてくれた友人

  2. 自分と向き合った結果、驚くような成果をあげた50代男性

  3. 新年のファスティングで体型も体調も美肌も満足!

  4. 【八ヶ岳1日目】八ヶ岳のぼんてんやへ

  5. 【第3回女徳勉強会】2015年4月19日(日)開催!

  6. Points of You®シャワーキャンプvol.1で、目から鱗がボ…

  7. 理想のライフスタイル実現のために、すべきことはこれ!

  8. 【Points of You®】仕事も恋も思いのままに、自由に、好きに…




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む

/