自分を変える覚悟さえあれば、人生は必ず変えられる

進化すればするほど、「女性としての幸せを犠牲にすることなく、自分にしかできないことで、やりがいと誇りを持って仕事をし、社会に幸せを循環させている女性が必要」という思いは深まるばかりです。一本の線が太く長くなっていくようです。進化は続けるけど、大切なことってやっぱり変わらないんですよね。

女徳塾では「女徳心得」というものを作っていて、持ち歩けるようにカードにしてお渡ししていますが、そちらも大切にしていることは変わらないけど、内容は少しずつ変化しています。

自分を変える覚悟さえあれば、人生は180度変わる

明日は看護学校の特別講義で少しだけ講演させていただくのですが、その講演内容を考えるうちに、つくづく「自分を変える覚悟さえあれば、人生は必ず変えられる」という思いが深まりました。

わたし自身も、逃げずに諦めずに自分を変え続けたことで、人生が大きく変わりました。

19歳で個人事業主になったものの、素敵な先輩方と自分を比べてしまい、完全に自信喪失し、2年で廃業しました。原因は知識と魅力がないからだと思い、自分なりに磨いて、29歳で一念発起して起業しました。

ところが、収入がどんなに増えても心が全く喜ばず、それどころかトラブルが起き始めます。人と比べて、自分に足りないと思っていた知識と魅力をどんなに磨いても、結局、同じことになるのだと生きるのが嫌になりました。

それでも、塾生の方々や、被災地で出会った方々、親友たちの存在に支えられ、心からの喜びを感じられないのはなぜなのか、豊かで愛情に満ちた人生のために何が足りないのか、自分を変えるために何が必要なのか、必死で向き合いました。

そして、辿り着いた答えが「矢印の向き」でした。そのことに気づいた1月1日に、「1年間、とことん人の役にたつ」と固く心に決め、自分を変え、行動を変えました。

すると、それまで感じていた焦りや不安は消え、心はいつも静かな喜びで満たされるようになりました。本当に幸せで、年々深く広くなっています。

誰でも心から幸せになれる

わたしだけではありません。自分を変えると覚悟し、逃げず、諦めず、向き合ってきた塾生の方々も、矢印を相手に向け始めたことで、わたし以上に、女性としても、起業家としても、豊かで愛情に満ちた人生を送っています。

そして、素晴らしいことに、塾生の方々と関わる女性たちが「私も自分と関わる人を幸せにしたい!」という声を上げてくれているのです。幸せが循環しているのです。

矢印の向きを自分ではなく相手に向けることができれば、そのために自分を変える覚悟さえ持ち続ければ、誰でも人生は変えられます。心から喜びや幸せを感じ、豊かで愛情に満ちた人生を送れます。

幸せを犠牲にすることなく、自分の全てを生かし、自分にしかできないことで、やりがいと誇りを持って生きる女性。そして、社会に幸せを循環させることが心から喜びだと思える女性。わたしは、そういう女性を日本女性のスタンダードにしたい。

自分を変える覚悟さえ持ち続ければ、人生は必ず変わります。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. あなたの心が満たされるために

  2. 我の強さは、使い方次第ですごいパワーを発揮する宝物になる

  3. 愛や幸せを循環していくのは私たち女性の役割♥

  4. いつも「大好き」をありがとうございます💕

  5. また元の元気なあなたに戻ろう。

  6. 元メンヘラブスのJJだけど、今が幸せになって本当に良かった

  7. 自分の気持ちを一番に大切にするための方法が、女徳を高めること

  8. 善意と偽善のはざまで

過去記事を読む

最近の記事