選ばれるということ

最近、ネイルにダイヤモンドをつけています。キラッキラ!他にもエメラルドやサファイアなど色々な石があって、本物をつけられるのです。このキラキラ感がたまらなくてはまっています。

今日は店長やオーナーと色々な話をしたのですが、オーナーの考え方は、女徳塾と通じるところがたくさんありました。例えば、女徳塾では、あれをしてください、これをしてください、とこちらから一方的に教えることはあまりしません。ご本人が考えて行動しながら、答え合わせをしていくスタイル。だから「答えだけがほしい」という姿勢の方には不向きです。

オーナーも同じようなことをおっしゃっていました。最終的な責任は取るけれど、基本的には自己責任で全て任せていると。これって、一つ間違えば、依存関係になってしまいうまくいきません。信頼しつつ、どこまで介入するのか、お互いに自立した厳しさが必要です。ともあれ、良い出会いで嬉しいです。

仕事そのものに心をこめる

商品を売るために、魅力的な商品を作ったり、魅力的なキャッチコピーを作ることも大切です。ですが、仕事そのものに心がこもっていなければ、例え売れたとしても一過性で終わり、次から次へと、次の手を考えなくてはなりません。

ネイルサロンの話で例えれば、ダイヤモンドを爪にまとうことができるサロンだからといって、接客になんの心もこもっていなかったり、お客のことを第一に考えるというスタイルではないことがわかれば(大抵、お客はそういうことが一瞬でわかるものです)、よほど安いとか、よほど便利とかでなければ、リピーターにはならないですよね。

技術力を高め続けることや、最高の商品を揃えるために努力することは、当たり前のことです。自分の技術力がまだまだと思うのなら、自分で納得するまで、悔しい思いや恥ずかしい思いとしっかりと向き合いながら成長していき、人間力と技術力を上げていくしかありません。

そうやって自分を磨いていくことで、自分に矢印が向いている仕事の在り方から、自分以外のものに矢印を向ける仕事の在り方へと成長していきます。それが仕事そのものに心をこめるということ。

何よりも自分の心が喜ぶ仕事を!

「愛や思いやりや優しさの矢印を相手に向ける」というと、我慢や犠牲あってのことだと想像してしまう方がいますが、それこそが、自分に矢印が向いている証拠。自分に向いている内は、我慢や犠牲がないと相手のために尽くすことができないから、そう感じてしまうのです。

相手に矢印を向けるために我慢や犠牲をするのではなく、自分から心を開いて、心を磨いて、自分が幸せになっていくと、矢印は相手に向けずにいられなくなります。

自分と向き合って心を磨いていくと、まずは自分と一番身近にいる大切な人との関係が劇的に改善します。喜びや幸せを感じるようになります。すると、ますます自分の心を磨きたくなります。自分が心を磨けば磨くほど、自分はもちろん、自分と関わる方々が幸せになることが身をもってわかります。

そうやって磨けば磨くほど、自分や周りにいる人が幸せになればなるほど、今度は自分の心が本当に喜ぶことがわかってきます。経験上、それはお金や物ではないように思います。仕事がうまくいっていたり、お金があったりしても、幸せではない人は本当に本当に本当に!たくさんいますから。

お金や物は後から付いてくる副産物であって、自分の心が喜ぶための直接的なものではないことが、心の深い部分で腑に落ちていきます。人との繋がり、心の安らぎ、空や花を見て美しさにはっとする心の余裕、それこそが、人の本当に欲しいものであり、生まれてきた意味を全うしている状態なのではないかとさえ思います。

もしたくさんお金があるなら、その状態になれば、自分の欲を満たすためではない、生きたお金の使い方ができます。

何よりも自分の心が喜ぶことが大切です。そのために、自分の心を磨き、自分が幸せになり、人の役に立つことが心からの喜びであると思える自分になることです。

女徳塾で伝えていること(Skypeコンサルティングより抜粋)

みなさんがすべきことは、魅力的な商品を作ることでも、魅力的なキャッチコピーを作ることでも、魅力的な言葉を並べることでもないのです。そこに意識を向けているうちは、特典とあの手この手で「選ばせている」だけなわけです。仕事だけではなく、恋も一緒。

みなさんがすべきことは、「商品の内容?そんなの聞かなくても、あなたが言うなら間違いないと思ってるので!」と言われること。

みなさんがすべきことは、「商品を買った後のメリット?そんなの聞かなくても、あなたが言うならメリットばかりに決まってるじゃない」と言われること。

みなさんがすべきことは、「商品の価格?そんなの聞かなくても、あなたが言うならいくらでも買います!」と言われること。そのための信頼関係を結ぶこと。そのためには、自分の心をどこまでも磨くことです。

「選ばせる」ための外側の努力ではなく、
「選ばれる」ための内側の努力を!

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. コンサルティング例・足を引っ張る承認欲求

  2. 【塾生の声】西丘 万祐子さん

  3. 「魂のレベル」と「人脈」人生のワンランクアップシリーズVol.7

  4. 第7回女徳勉強会はMORIUMIUS(モリウミアス)で!

  5. 起業して2年以上の女性起業家限定 《お茶会のご案内》  2015年7…

  6. 1日目「心も体も生きるか死ぬかの状態に・・・!」

  7. 持って生まれた才能を、正しい場所で、正しく生かす

  8. 【Q&A】強みはどうやって見つけて伸ばすのでしょうか?

過去記事を読む

最近の記事