嫉妬ブス女を卒業しよう!

嫉妬はブスの素です。

そして・・・

自分では嫉妬していることに気が付いていない、嫉妬ブス女 は結構います。

嫉妬は、自分と異なるものや、自分から見て良く見えるもの、自分が欲しい(欲しかった)ものなどを持っている相手を快く思わない感情。

私も嫉妬ブス女の時代がありました・・・

今も嫉妬はします。でも、過去の嫉妬とは全くの別物。過去は嫉妬して、妬んで、ひがんで、人と比べて自分に向けたり、相手を避難して攻撃したり、マイナスのエネルギーでした。悪意の塊ですね。怖い。

今も、本当に素敵な人を見ると(人として素敵で、広く活躍されていて、社会から必要とされているような)「いいなー!」と思いますが、「わたしも頑張ろう!」と目標にするなど、プラスに使っています。嫉妬は使い方次第で、才能にも欠点にもなるのですよね。

嫉妬はブスの素!!

自分よりもうまくいっている人に、何かとケチをつけて正当化する人。

自分よりもうまくいっていない人を見て安心する人。

これは、明らかに嫉妬ブス。顔もオーラもブスをまといますよ。極まっている時って、般若みたいな顔になりますしね。悪意を心に抱くのも、それが生き方や顔つきにまで表れのも、そんなの絶対にイヤですよね。

自分のことは、感情がすべて教えてくれますよ。焦ったり、イラっとしたり、モヤっとしたり、これは何かが間違っている信号。その感情を捕まえて、客観的に何が起きているのかを見ることができると、答えが見えてきます。

せっかく能力があるのに、せっかく素晴らしいビジョンがあるのに、せっかく生まれ持った才能があるのに、本当にもったいない。嫉妬は悪いものではありません。嫉妬を才能として使えるよう、心を磨けばいいだけ。

自分が見ている世界は、自分だけの世界です。

嫉妬さえも生かす生き方を!

私たちの可能性は無限なのだから。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 女徳を高めたら、欲しいものが求めずして与えられるようになる

  2. 小田原〜箱根をめぐる3泊4日の旅。2日目は箱根歴史めぐり

  3. 【女徳指南書Vol.176】人生を変えるために必要なたった一つのもの

  4. 自分という揺るぎないものは、、、

  5. 永遠に続く幸せ

  6. 過去の写真から見えた「美しく生きる」という一本の線と思い

  7. 女徳塾で得られるものは、お金や物では得られない、心の底から感じる、揺る…

  8. 新生姜と栗

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


過去記事を読む

最近の記事