鹿肉ラバー♡鉄分が豊富でとってもヘルシー!

鉄分が豊富で低脂質、とってもヘルシーなお肉・・・・

鹿肉です。

フランスでは、野生の動物を調理することを「ジビエ」と言います。フランス料理で鹿は定番。普段はフランス料理ってあまり食べませんが、鹿の季節はわざわざ食べに行きます!大好き!

野生の鹿なんて聞くと、「えーかわいそう・・・」なんて思うかもしれませんが、そうではないんです。10年前にヴィーガン食(野菜と豆以外のものは食べない)を実践したことがあるのですが、その時に畜産のことを色々勉強してわかったことがたくさんあります。

鹿を食べることが社会問題解決になる?!

鹿や猪は、農家が大切に育てた農作物を荒らしてしまいます。一定数を狩猟しないと、増えすぎてしまい、かえって人と鹿とが共存共栄できなくなるのです。

狩ったものを自分たちで調理して感謝していただく。昔はそれがご馳走だったのでしょうね。こうして私たちは、命をいただくことに対する感謝を肌で感じてきたのではないかなぁと思います。

今回、鹿肉を譲ってくださった方も「猟をするには葛藤もあります。駆除をしなければ畑は荒らされるけれど、命を奪うことには常に悩まされる。私たちにできることは、捕らえた鹿や猪を美味しく料理していただくこと!」と書かれていて、本当にその通りだなーと思います。

牛や豚、鶏だって食べますが、飼育するのにたくさんの穀物が必要で、そのために穀物を輸入したり、遺伝子組み換えで大量に作ったりしています。それなら、できる限り野生のものをいただきたいなと思うのです。

猟ができる人の数が減っていることもあって、日本中で鹿が増えているにもかかわらず、処理と消費のサイクルが確立しておらず、社会課題の一つなのだそうです。

わたし、いずれ猟師の資格も取りたいなと思っています。猟銃を使うための資格試験があるのです。遠いどこかの、知らない誰かの話ではなくて、なんかもっと自分ごとにしたいんですよね。自分が思っている以上に大変な状況になっているように思うから。自分の手で命をいただいて、もっともっと自分ごとにして、広く深い視点で解決方法を考えていきたいです。

鹿肉はとってもヘルシー♬

さて、その鹿肉ですが、とってもヘルシーです。脂肪分がほとんどありません。超赤身!!鉄分が豊富なので、女子にぴったりの食材です。上手に調理すれば臭みもほとんどありませんし、とっても美味しいです。山田彩乃は鹿肉が大好きです♡

ですが、自分で調理するのは初めでです。クックパッド先生の力をお借りして、牛と同じようにローストにしてみました。

焼き色をつけて保温中の写真ですが、中まで火が通り過ぎてしまって、フランス料理で出てくるような真っ赤な鹿のローストにはなりませんでした・・・。えーん、残念!また挑戦しよう。

鹿肉はネットで購入できますよ♡野生動物の命を無駄にしないためにも、ぜひ食べてみてください♡

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 【美容】腸内フローラ活性ドリンク☆

  2. ルームディフューザー・超簡単レシピ

  3. 味噌はとっても簡単だから、ぜひ自分で作ってみて!

  4. 自分に合う乳酸菌を見つける

  5. 【美容】味噌は簡単!ヘルシー度がグッと上がる手前味噌はとってもおすすめ…

  6. 美容オタクの盲点

  7. 無添加主義のHABA研究所様が協賛してくださいました!

  8. 【美容】カボチャタルト(マクロビ・ヴィーガン仕様)

過去記事を読む

最近の記事