自分の名前に思いをはせて

誕生日は毎年ゴッドハンドに全身を流してもらってから、パートナーと食事に行くことにしています。今年の彩乃祭(誕生日月は祭り!)は、宮古島でダイビングやゴルフをしてゆっくり過ごしたりと、幸せな一ヶ月になりました。

誕生当日は自分の名前に思いを馳せました。Points of You®シャワーキャンプのクロージングワークで名前と向き合うワークをして以来、自分の名前は大切にしたいなぁという思いがずっと心のすみにあって。


↑すごーくおしゃれで、感動レベルでおいしかった前菜。

名前のワークで驚いたのは、自分の名前が嫌いだったという方がたくさんいたこと。

彩乃は母が考えた名前で、本人曰く「傑作でしょう!」と(笑)由来はお姫様につける名前だからなのだそう。私の場合は、この2つをずっと聞かされていたおかげで自分の名前を嫌いになったことがなく、むしろずっと大好きで誇らしくもあったのです。子どもにかける言葉って大切ですね。母に感謝する誕生日になりました。

↑すごーくおいしかった魚料理の後に、すごーくおいしかった牛のソテー。

実は2011年からずっと迷いがあったのですが、この1年で色々な気づきがあり、色々なことが繋がって、宮古島ですっきり吹っ切れました。

自分を大切に、自分の好きな人と好きな事を大切にしようと。いくら相手のためとはいえ、自分を犠牲にしてまで仕事をする必要はないのだと。

↑感動レベルに美味しかった花びらケーキ

これまで、自分を好きとも嫌いとも思ったことがなく。でも「え、自分好きかも」と初めて思えた39歳です。

人の優しさや愛情をますます素直に受け取れるようになったのは意外な変化でした。迷いが全てなくなったわけではないけれど、とても大きな突っかかりがなくなってバージョンアップしたのかもしれません。

人の思いを大切に受け取って、感謝の気持ちをもっともっと大切にしながら、大切な人たちと一緒に幸せを更新していこうと思います。

素敵なご縁がつながる一年になりますように。

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. 女性起業家のためのキャッチコピーの作り方

  2. 熊野古道の旅・5日目〜6日目は、速玉大社那智の滝→那智大社→熊野大社→…

  3. 【第1回女徳勉強会】レポ

  4. 【第4回女徳勉強会】2015年10月18日(日)開催!

  5. 生と死の考察から始まった愛情の循環

  6. 【塾生の声】遠藤 佳世さん

  7. かけがえのないギフト

  8. 【旅ログ】やっぱり大好き沖縄!2日目は浜比嘉島へ




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む

/