東京ハーベスト2018@虎ノ門ヒルズ

毎年、この時期に開催されている収穫祭「東京ハーベスト」。今年は行けないかなぁと思っていたけど、最終日に急に行けることになって。嬉しい!

最近は、生産者から直接買える仕組みも増えてきましたが、顔が見えるってやっぱりいいですよね。スーパーの袋だって、作った人の写真がちょこっと載っているだけでも何となく気持ちが違うもの。

収穫祭は食べ物や作ってくれている人に感謝する日。こういったイベントで楽しくおいしくいただきながら、自然と食べ物や作ってくれた人へ気持ちを向けてつながれるって素敵だなぁと思います。

最初に向かったのは築地マグロ解体ショー。ここは3,000円の有料ブースです。子どもも大人も夢中!

すごい迫力です。

どんどんどんどん解体されていきました。

この後、マグロ丼と太巻きが振舞われました。フリードリンクなのでビール片手にマグロを堪能!赤身はさっぱりしているのにねっとりしていて絶品。中とろもさらにねっとりしていてこれまた絶品。解体したてってこんなにおいしいんですね。

マグロを背に、第6回女徳勉強会にご登壇いただいた立花さんと。このイベントを主催されています。相変わらずジェントルマンで素敵でした。

続いて、朝食やおやつに利用しているJiyonaのブースへ。第7回女徳勉強会で3日間もご一緒くださったあべさんと。再会できて嬉しいです。Jiyonaは大人気でした。紫芋のJiyonaはまるでスイートポテトのよう。オレンジは限定の金柑でさわやかな後味。次は何色かな!

たくさんのイベントやブースがある中、岩手の漆器を紹介しているブースへ。漆を取る作業から(漆を掻くと言うそうですが)、木地をくりぬいたり、漆を塗ったり、値段をつけられないくらいの手間ひまだなぁと思いますが、本物は高価なので少しずつ気に入ったものを集めて大切に使っています。今日もお気に入りの器に出会えました。

一緒に行った友人が持っているのは、鮫のナゲット!魚の風味以外はまるでチキンナゲット。鮫って淡白なのですね。他にもおしゃれなカップサラダや去年も食べた大きなホタテも!

芝生の広場では子どもたちが一生懸命空手を教わっていて、ほっこりしました。今年も行けて良かったです。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. コンサルティング例・親との関係

  2. 善意と偽善のはざまで

  3. ◆自己管理スキルは人生の宝物◆女徳指南書302号

  4. 私、自分のために生きてます

  5. 【つれづれ】実はキティラー

  6. 白漆の漆器

  7. 自分を変えれば、理想のライフスタイルは実現する

  8. 「過去はどうやって傷つけてやろうと思っていたのに、今は傷つけたくないん…

PICK UP

  1. 全記事

最新の記事

過去記事を読む

/