写真は大切なことを思い出させてくれるツール

わたしの周りには過去の写真を取っておかない人が結構います。

「取っておいても仕方がないから」ということらしいですが、私はというとしっかり取ってあるし、整理もしてあります。それは決して過去にひたるためではなく、謙虚な気持ちを忘れないためなんです。

写真が悲劇のヒロインにひたるためのツールだった過去

写真て、一瞬で脳の中の色々な引き出しにアクセスしますよね。

以前のわたしにとって、過去の写真はひたるためのものでした。悲劇のヒロインのままだった頃は、あんなひどい目にあったのに健気にがんばっているかわいそうな私にひたりまくり。劣等感のかたまりで自信なんてかけらもなかった頃は、過去の栄光にひたりまくり。

そんな風に過去にひたってばかりいる自信のない自分が嫌でたまらなくなり、忘れもしない21歳の時、写真を全て処分しました。だから21歳以前の写真が一枚もないんです。今、思い出しても、当時の私にとってはすごく勇気のいることでした。言い訳も逃げ道も過去の証明もすべて消してしまうようで。

ただ、当時はなんとかして自分を変えたかったのだろうし、そういう一つ一つの積み重ねというか、弱い自分の声ではなく、もう一人の自分の声を聞いてきたから幸せな今があるのは、間違いありません。

未熟だった自分を愛おしいと思えた

過去の写真は滅多に見ませんが、何かの拍子に見るとハッとすることがたくさんあります。

昨日はPCを新しくしたのを機に、未整理だった起業してから今日までの写真を整理したので、やっぱりたくさんの気づきがありました。

例えばこの写真。

笑っているし、仮装してドレスとか着てますし、誕生日だったので大きな花束も持っていますが、裏では大変なことがたくさんありました。いやーーーー本当に頑張っていました。短時間睡眠で自分が設定したゴールに向かって、無理して必死でかけ抜けていた頃です。

意外だったのは、「わたしってすごく頑張ってたんだなーーーー」と心の底から感心したこと。今までは未熟だった自分にうんざりして写真を見る気も起きなかったのですが。

起業してからの自分をそんな風に真正面から評価したのは初めてかもしれません。未熟すぎたけれど、自分にできることを精一杯がんばっていた自分を愛おしく思えるようになったのは、大きな変化です。うん、愛おしい。

自分の我を優先して、人の善意を無にするようなことはしない!

この写真はパーソナルカラーのメイクを練習しているところです。

それで思い出したことがあるのですが、17歳の頃、とある大手化粧品メーカーの訪問販売員になったことがありました。(たった1ヶ月くらいだったと思いますが)

その時にお世話してくださった、当時母よりもずいぶん年上だった女性が、「センスがあるからあなたは絶対に大丈夫!」なんて励ましてくれながら、ものすごく親身になってくれました。

ある日、わたしは仕事をすっぽかしてしまったんですよね。その方は、わざわざおにぎりを握ってきてくれて、ずっと待っていたのに。それを知って、善意をけちらしてしまったことに、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。その方の残念そうな顔は今でも思い出せます。

この方の善意と、自分の我を優先したばかりに善意を無にしたことが、写真を通してよみがえってきて、「絶対に同じことはしたくないけど、きっとまだまだ他人の善意に目を向けるよりも、自分の我を優先していることがたくさんあるんだろうから気をつけよう」と改めて思ったのは、とても大切な振り返りでした。

「美しくあること」

それから、もう一つ思い出したことがあります。

25歳くらいだったかな、知人の家に遊びに行ったら、見えないものが見える人がたまたま遊びにきていて、「あなたはエステのような会社の社長になって成功するしビルを建てるわよ」なーんて言われたんです。

嘘か本当かは興味がないし、ビルを建てるなんて想像もできないくらい興味がないですが、10代の頃はひたすら外見を、起業してからは内面を、仕事も恋も美しくあることをずっと追いかけているし、細いながらも一本の線で繋がっているのかもしれないなぁと思います。ビルはともかくとして。

わたし自身、持って生まれたものを生かして人生を大満喫したいし、すべての人にもそうであってほしいと思っています。

持って生まれたものには、当然、外見も含まれていますが、外見だけを美しくしたところで、一時的には満足しても、心や人生が充実するかと言うとそうではありません。美しくなっても満たされない人生に、もっと虚しくなるかもしれません。

でも、自分の心が変われば、人生を愛でいっぱいにすることも、心や人生を充実させることもできます。内面が充実すれば外見も美しくなるし、内側から溢れ出す輝きは、無理に作られたものとは別格です。一度手に入れた心の在り方は失うこともありません。

そのことに気づいてからは、メイクやファッションよりも、心のことに重きを置いているけれど、どちらにせよ「美しく生きる」ことをずっとずっと追いかけているんですね。そういえば、コンサルタントと一緒にキャッチコピーを考えていた時、最後まで迷ったのが、「美しい人生を創造する」でした。

写真がなかったら、どの出来事も人生で二度と思い出すことはなかったかもしれないし、そこからこんな風に自分の思いに立ち戻ったり、自分の未熟さに気づくこともなかったかもしれません。

写真は、わたしにとって、忘れかけていたことを思い出させてくれる大切なツールです。

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. 世間の常識や普通の感覚と違うと感じる方へ

  2. 深いところでつながる感覚は、まるで魔力みたいにじわじわと不思議で強い力…

  3. 自分だけの人生ゲーム、どう作る?

  4. 【塾生の声】松村 和美さん

  5. 【レシピ】ミントとバジルの大量消費レシピ

  6. 天命や志は壮大なこととは限らない

  7. 【旅ログ】やっぱり大好き沖縄!3日目は浜比嘉島→平安座島→宮城島→伊計…

  8. 「何があっても味方でいること」を大切にしているのは、それが原点だから




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む