【専業主婦の起業物語vol.1】「好きなこと・自由な時間・経済力」そして「恋」はキラキラ人生の象徴?!

女徳塾は本当に個性的なメンバーが揃っています。

女徳塾でなかったら絶対に出会っていないような、色々なタイプの人に出会って学び合うことができます。まさにダイバーシティ!動物園!(シロクマとキリンは動物園でなかったら絶対に出会わない)違うタイプ同士だからお互いに学びあえる幅が広く、視野や器の広がり方はとても大きいです。

動物は自分の意志とは関係なく連れてこられるのでしょうが、女徳塾は「何かを変えたい!!」という自分自身の意思でめぐり逢う場所。こうして共に切磋琢磨し合うなんて、何か必要があって出会っているはず。ご縁を感じずにはいられませんよね。

運命の人に出会って結婚した方、会社員を辞めて起業した方、辛い経験をプラスに変えようとしている方、大切な人のためにある覚悟を決めた方、起業7年目で新たなフェーズに入った方、色々です。

起業したくて入塾した専業主婦のAさん

中には専業主婦の方もいます。Aさんと出会ったのは5年前。時々セッションしていて、昨年、入塾しました。入塾した理由は、「起業してお金を稼ぎたいから」みんな似たような理由です。

起業でも会社員でもどんな立場でも、「好きなこと・自由な時間・経済力」この3つを手に入れられるのはとても魅力的ですよね。そして、やっぱり「恋」ですよね。

みんなキラキラしたいんですよね。楽しく、キラキラ、生き生きと!その象徴が「好きなこと・自由な時間・経済力」そして「恋・結婚」なんです。それを手に入れれば、楽しく、キラッキラに生きられると思ってる。過去の私もそうでした。

確かに、手に入れたら幸せ。日本中の女性に手に入れて欲しい。でも、今すぐ幸せを感じられる心の土台がなければ、その上にどんなに立派なものを積み上げても、何か起きるたびにグラグラグラグラ揺れて、いずれ崩れ落ちてしまいます。

最初は楽しくて幸せ。慣れてくると落ち込んだり怒ったりすることが増えて、恋なら別れたり、結婚なら離婚したくなったり、仕事なら不満だらけになったり。そして、別の幸せな気持ちにしてくれるものを探すんです。

・・・ということを繰り返すのです。そんなのって、意味がないですよね。

それどころか「積み上げては崩れ落ちる」という経験は、繰り返すことでトラウマになり、自分の足を引っ張り続けるので、どんどん奥手になったり、挑戦できなくなったり、人のせいにすることが癖になったりします。

自分次第で永遠に続く幸せをたくさん作り出す方がずっといい

良いご縁にも恵まれません。自分の土台がないうちは、土台がない人としか出会えないから。相手からもらおうとするクレクレ同士が出会うから楽しいのは最初だけ。

「私を幸せにしてくれー!私を気持ちよくしてくれー!私に愛をくれー!」と、お互いに不満を募らせ、やがて別れがやってきます。仕事も恋も、友人関係だってみんな一緒。

自分の土台も、相手の土台も、しっかりがっちりした状態で出会えば、呼吸を合わせて、手を取り合って、お互いの土台の上に素敵なものをいくらでも積み上げられます。

仕事も恋も、幸せな関係が永遠に続く保証はどこにもないけど、自分の心の土台次第で、永遠に続く幸せはたくさん作れる。相手や起こる出来事によって揺らいでしまう幸せよりも、自分次第で永遠に続く幸せをたくさん作り出す方がずっといい。

さて、起業を視野に入れて入塾したAさんも、何があっても揺らぐことがない土台を整えるために、コツコツと自分と向き合ってきました。

どうなっていくのかはvol.2で!

 

これまでの記事↓↓↓

【専業主婦の起業物語vol.1】「好きなこと・自由な時間・経済力」そして「恋」はキラキラ人生の象徴?!
【専業主婦の起業物語vol.2】「起業して、好きなこと・自由な時間・経済力の3つを手に入れたくて入塾
【専業主婦の起業物語vol.3】「起業と家族との幸せのための、手放す決断」
【専業主婦の起業物語vol.4】「人生が変わったきっかけは、信じる気持ちと、切羽詰まった現実」」
【専業主婦の起業物語vol.5】「自分の可能性を信じて、未来のために、今この瞬間を変える勇気を」

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 【塾生の体験談】誰よりも、良いところも悪いところも私以上にわかってくれ…

  2. 【専業主婦の起業物語vol.4】「人生が変わったきっかけは、信じる気持…

  3. 【塾生の体験談】仕事も恋も人生が大逆転!

  4. 【塾生の声】笠原 佑子さん

  5. 【専業主婦の起業物語vol.2】「起業して、好きなこと・自由な時間・経…

  6. 【塾生の声】内田 露美奈さん

  7. 【専業主婦の起業物語vol.3】「起業と家族との幸せのための、手放す決…

  8. 【塾生紹介】松村和美さん

過去記事を読む

最近の記事