理想のライフスタイルの実現は、自分が人生の主人公になること

「人生は自分以外の何かにコントロールされている」と無意識に思い込んでしまっている方は意外と多いです。主役は常に自分を喜ばせたり怒らせたりする誰か。幸せになろうとすると、いつも誰かしらが人生に侵入してきて荒らすのです。

そうなってしまう原因のほとんどが、子どもの頃に両親や身近な大人にコントロールされて育ったこと。あれほど無力感を感じたり傷ついたり絶望感を感じたりしたのに、大人になってから今度は自分が周りをコントロールして生きるようになります。周りさえ変われば、自分が心地良くなれると信じて。

ちょっとややこしいですよね。説明していきますね。

今も未来もより良くするためには、現状を受け入れて自分が変わる以外に手立てはない

自分が人生の主人公の人、つまり、自己責任で生きている人は、怒ったり、哀れんだり、憂いたりしても、一時的です。感情がわき起こっても、そんな自分を選択し続けても何も変わらないどころかますます状況が悪くなって無意味なことを知っているので、現状を受け入れて自分が何をすべきか冷静に答えを出します。これが本当のポジティブシンキング。自分が変わることが前提です。

ところが、自分が人生の主人公になっていない人は現状を受け入れません。自分が大変な思いをしているのは常に誰かや過去のせいなのです。起きた出来事が何であれ、感情やその後の生き方を選んだのは自分自身だし、その選択あっての今なのに。これを受け入れることって、すごく勇気がいるんですけど。

例えば、「あの人さえいなくなれば!」と相手に怒り狂います。相手がいなくなれば人生が変わると信じているから。その人がいなくなったとしても、似たような人はいくらでもいるから、自分を変えない限りまた別の人が現れた時に同じように嫌な思いをするのに。

例えば、「私ってなんてかわいそうなの・・・」と自分を哀れみます。周りが手を差し伸べて救い出してくれれば幸せになれると信じているから。そうやって自分を哀れむたびに、本当に何もできない人になって、いずれ誰も手を差し伸べてくれなくなるのに。

例えば、「あの時にああしていれば・・・」と過去を憂います。今、自分が理想のライフスタイルになっていないのは過去が原因だと信じているから。現状を受け入れることを拒んでも、どんなに過去を憂いても、自分が変わらない限り未来も今と同じ延長線になるのに。

今も未来もより良くするためには、現状を受け入れて自分が変わる以外に手立てはないのだけど。どんなにがんばってもどんなに成果を出しても、いつまでも嫌なことが起き続けるから、虚しさは募るばかりです。

負の循環に終止符を打って、理想のライフスタイルを実現!

子どもの頃、怒ったり泣いたりして周りやあなたをコントロールする大人が身近にいたでしょう?だから、あなたも同じように自分を嫌な思いにさせる相手が悪いと憤慨して、あの手この手でコントロールしようと試みるのです。その方法しか知らないから。どうにもならない時の絶望感といったらありません。

あんなに嫌な思いや辛い思いをしたはずだけど、生き方って健気にそのまま受け継いでしまうんです。そうやって何億年もかけてDNAが受け継がれてきたわけだし。つまり、自分に影響を与えたその人もどこかで同じ経験をして、同じように知らぬ間に受け継いでしまっているということ。どこかで誰かが断ち切らないとエンドレス。自分が変わって終わりにするか、また受け継いでいくかです。

敵を倒したり、救い出してくれるヒーローを見つけたり、そうやって目的を達成したとしても、自分の中にある考え方や捉え方は同じだから、相手や状況を変えて延々とそれを繰り返すだけ。歳を重ねるごとに虚しさや孤独感が大きくなっていくのは、自分を怒らせたり喜ばせたりする誰かが常に人生の主人公で、自分自身を生きていないから。今を生きていないから。

負の循環はあなたで終わりにしてください。あなたが終止符を打って幸せの循環に変えてください。頑張った分だけ、成果を出した分だけ、満たされて幸せになる生き方があります。

こちらのセルフトークチェックはしてみましたか?まずは、今の自分を知ることから始めてください。

理想のライフスタイルを実現して、心から喜び溢れる人生を!

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 1000人に1人か2人、変わってくれればいい

  2. 天命

  3. 人生を良くするのも、悪くするのも、あなた次第。

  4. コンサルティング例・足を引っ張る承認欲求

  5. 持って生まれた能力を生かす【彩乃塾は女性の起業を徹底サポート・仕事も恋…

  6. ◆自己管理スキルは人生の宝物◆女徳指南書302号

  7. 何があっても、何がなくても、変わらぬ幸福感

  8. 仕事も恋も人生はいつだって楽しめる人の勝ち!

過去記事を読む

最近の記事