女のたしなみ

「女のたしなみ」
について考えてみました。

私たちはみんな、
平等に年を取っていくし、
問題が起きない人なんていません。

何が起きても、
どんな状況になっても、
裕福になっても、
貧乏になっても、
平然と生きていたい。

自分の身に起きることに
がむしゃらに抵抗して
外側を良く見せ続けることの
見苦しさ。

ありのままを
「これが私」と言えることの
清々しさ。

例えば服装やメイク、
マナーや言動にしても、
普段の心がけ次第で
おのずと分相応になり、
品格も少しずつ備わります。

家では大股びらき、
外では品良く、、、
なんてしていても、
いずれボロがはがれて
恥をかくのは自分ですもの。

無駄な抵抗をせず、
現状を静かに受け入れ、
その中で自分にできることを
いつでもどこでも精一杯する。
義務ではなく美しくありたい情熱で。

これが
のたしなみ」
なのだと思います。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 自信が過信に変わるとき

  2. 誰にも負けない選手権、私はこれで一番になれます。

  3. ◆4つの女徳タイプ、あなたはどれに当てはまる?◆女徳指南書271号

  4. 商品を売る以上、中身のクオリティが高いのは当然だけど、パッケージの影響…

  5. 仕事も恋も選ばれる、誇り高き女性

  6. 白漆の漆器

  7. 女徳を知っただけなのに、月商1,100万円になり、月に一度しか会ってく…

  8. ◆「施される系 哀れみ族」を徹底解剖!◆女徳指南書257号

過去記事を読む

最近の記事