”選ばれる人”と”選ばれない人の”ルール

今日から仕事初めです!

ワンランク上の人生にするために、
自分が関わるべき場所や人をどうやって選ぶのか、
もっと具体的なことを教えて欲しいとリクエストをいただきました。

私はインスピレーションで生きているようなものなので、
自分のことになるとさっぱりわからなくなります。

だから、具体的なルールを作っていて、
悩むことなくルール通りにしています。

今日は私が関わるべき場所や人を
選ぶときのルールを紹介しますね。

選ぶ時のルールは「人の幸せが喜びの人」です。
具体的に挙げると以下の5つです。

1、志がある人
2、人の意見を素直に聞く人
3、いつも他人を思いやっている人
4、丁寧な人
5、礼儀がきちんとしている人

選ばないのは「心が貧しい人」です。
具体的に挙げると以下の5つです。

1、人のせいにする人
2、愚痴を言う人
3、他を批判する人
4、恩や縁を大切にしない人
5、人の意見を素直に聞けない人

とっても基本的なことですが、
選ばれる人と選ばれない人のルールとも言えますよね。

誰でも「心が貧しい人」の一つや二つはあるものですが、
「心が貧しい人」のままでは幸せにはなれません。

自分が選ぶときも、人から選ばれるときも、
「人の幸せが喜びの人」で在りたいものです。

 

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 事を為し遂げるために必ずなくてはならないもの

  2. 負の連鎖「哀れみ族」についてレクチャーしますよ!

  3. 「女性の理想を叶える場所」それが女徳塾

  4. 心意気は行動に表れる

  5. 自分と向き合うと、コミュニケーションスキルが上がって仕事の成果も変わる…

  6. 仕事も恋も選ばれる、誇り高き女性

  7. 私たちを幸福にするのは〇〇〇〇ということが判明

  8. ◆女徳塾って何しているんですか?◆女徳指南書292号

過去記事を読む

最近の記事