欲しかったものが全部手に入った日

こちらの記事のりとるさん。

歌手を目指していたあの頃、喉から手が出るほど欲しくて欲しくてたまらなかったものが、ライブの日に全部手に入ったそうです。手放した途端に簡単に手に入ってしまって、不思議な感覚だと言っていました。

不思議なもので、本当に欲しいものを認められた途端、それまでどんなに頑張っても手に入らなかったものが、簡単に手に入ることはよくあることです。

しかも、その時にはもう欲しいものではなくなっているから、せっかく手に入ったのに、特別舞い上がるような気持ちにもならない。だから、とても不思議な感覚になります。

山田彩乃も何度も経験しました。

「自分を認める」って、とても大切なことです。恥ずかしい自分、イタい自分、ダサい自分、そういう自分ほど、受け入れ、認めることは、苦しいですが、とても大切です。悩みがなくなりますよ。

そして、ふと気付いた時には、それまで喉から手が出るほど欲しかったものが手に入っていますから。・・・ただ、その時には必要なくなっているから、手に入った喜びや嬉しさがないという、良いのか悪いのかよくわからないことになるのですけど(笑)

でも、それこそが、自分が大きく大きく成長した何よりもの証です。

 

Print Friendly, PDF & Email
/

関連記事

  1. ファスティング最終日はゴッドハンド仕上げ

  2. 女徳を高めたら売上が5,000万円になったのに・・・

  3. 人生を劇的に変えるあなたの前提

  4. 表参道巡り

  5. 本物のお話

  6. ◆志を生き抜いた男◆女徳指南書254号

  7. ◆こーんなに違うのか!ポジティブとネガティブ!◆女徳指南書297号

  8. 世界で活躍されている志高い一流の方々




メルマガに登録する
Email *

*

*

誕生日(ご登録いただくとプレゼントメールが届きます)

* 必須項目

最新の記事

過去記事を読む

/