これからお母さんになる女性にも、すでにお母さんの女性にも、自分自身を、自分の人生を、全肯定して、美しく豊かになってほしい

女徳塾は、3分の1くらいがお子さんがいる女性です。みんな、何かを変えたくて女徳塾にきてくれるわけですが、自分と向き合って、自分が変わっていくと、相手を変えようとしなくても、まずは子どもやご主人やパートナーなど身近な人との関係がガラッと変わります。びっくりするくらい変わります。

これはスピリチュアルな話ではありません。とっても現実的な話。

自分自身と向き合うことで、自分本位だった状態から、相手を大切にする気持ちが大きくなっていき、それが、目つき、顔つき、声のトーン、普段の何気ない会話、そういう自分では気づかないちょっとしたことに表れて、相手に伝わっているだけのことなんです。

自分のことはわからないものだけど、相手の変化ってちょっとしたことでもわかるじゃないですか。大切にされていることを少しでも感じたら、相手も素直になったり、優しくなったりする、それだけのことなのです。

周りとの関係は、本当に自分次第。

母親が一番最初の教師

大人も子どもも愛し愛される社会するのは、わたしは簡単だと思ってるんです。

お母さんたちが自分自身を大切にして、心を満たして、輝くこと。

それをずーっと見て育って、心の土台になっているならば、人生に何が起きても、自分を信じて、自分の力で乗り越えられる。そのくらい、母の存在は大きいものだよなぁと思います。

お母さん自身が、自分を大切にして、楽しくて、喜びにあふれて、心豊かに生きることが、めぐりめぐって素敵な世の中を作っていくと、わたしは信じているし、これからお母さんになる女性にも、すでにお母さんの女性にも、自分自身を、自分の人生を、全肯定して、美しく豊かになってほしいなぁと心から思うばかりです。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ◆こういうのって、女としてとっても大切だと思う◆女徳指南書301号

  2. 【幸福な人生の送り方】こんな生き方って最高!

  3. 原体験とビジョンは別である

  4. 【女徳指南書Vol.176】人生を変えるために必要なたった一つのもの

  5. 我の強さは、使い方次第ですごいパワーを発揮する宝物になる

  6. 【美容】塾長の薬膳餃子

  7. ◆それでも乗り越えられたのは・・・◆女徳指南書286号

  8. ◆自己管理スキルは人生の宝物◆女徳指南書302号

PICK UP

  1. 全記事

最新の記事

過去記事を読む