辛い経験で学んだ人の在り方

以前、すごく面倒な人と契約してしまったことがありました。あることないことを塾生全員に連絡して、辞めた人にまでわざわざ連絡していたのです。言われた人たちは、2つのパターンにわかれました。

批判めいたことを言うか、もしくは何も言わずに離れた人たち。これが一つ目のパターン。信頼関係も何もなかったのでしょう。大半はこちらでした。

もう一つのパターンは、わたしに何も言わずに、態度も何も変えなかった人たちです。

後からこの件を知って、この中のお一人に「どうして何も言わずにいてくれたんですか?」と聞いてみました。するとこんなことを言ってくれました。

彩乃さんを選んだのは自分。

他の人がどう言おうと、わたしにはどうでも良いこと。

お伝えしなかったのは、余計な心配をかけたくなかったからです。

あぁ、この人は、これまでも、これからの人生も、人のご縁で助けられ、幸せになる人だなぁと思いました。

この時は心底落ち込んだけれど、自分の正当性を主張するために人を陥れるようなことをする人も、それに巻き込まれて一緒になって誰かを悪者にする人も(「魂を売った人」とわたしは呼んでいるけど)、わたしがどんなに落ち込んだところで世の中からいなくならない。だから、問題を恐れるのではなくて、問題を問題を思わなくなること、それが大切なのだと学びました。

それに、わたしだって、心も人生も何もかもが清らかで清廉潔白なはずはなく、多かれ少なかれ同じ部分を持ち合わせているはずなんです。批判するのは、自分の中の同じものを見たくないから。

だから、自分の落ち度を素直に認めて成長の糧にして、相手には深い理解を示してさっさと前に進むことが、どんな解決策よりも自分が素敵になれるんです。

人を憎まず、恨まず、疑わず。

似たような経験をして傷ついた方や、今まさに渦中にいる方もいるかもしれません。自分の魂を売らないこと、それが大切だと思います。前を向いて、自分の中の正しさから外れなければ、必ず助けてくれる人や味方になってくれる人はいるから。その人たちだけを見て欲しいと思います。良いことはまたたくさんあるし!

批判したり、人を巻き込んだり、一緒になってそれをしたり、そういう人は自分が正しいことを証明したくて、ずっとその過去にとどまっている人。

「こんなに人を辛い気持ちにさせること、絶対にしたくない。気づかぬところでしていたなんてことがないように、自分と常に対話しよう。人を信じて、そして、前だけを向いていこう。前を向いているだけを見ていこう」と心に誓ったし、とても辛いできごとではあったけれど、「人」を学ぶとても良い経験でした。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ◆人の心に刺さる文章を書くためには・・・◆女徳指南書259号

  2. 【逆境の乗り越え方】辛い過去の蓄積ではなく、意味のある過去を蓄積してい…

  3. 今この瞬間を大切にするということ

  4. 尽くされてます。ものすごく愛されています。

  5. 深いところでつながる感覚は、まるで魔力みたいにじわじわと不思議で強い力…

  6. 【幸福な人生の送り方】たくさん稼いだあの頃

  7. 17年間、出会いさえなかったのに、女徳を高めたら理想通りの人に出会った…

  8. 理想体重、毛穴レス、病院知らずをキープしているのは、自己管理のたまもの…

PICK UP

  1. 全記事

最新の記事

過去記事を読む

/