自己満足に酔いしれているのは変わらないけど、過去は不幸で、今は幸せになったわけ

「全部、自己満足のためだよね」

女同士で話していると、こういう結論に行き着くことが時々あります。メイクも、ファッションも、仕事も、恋も、つくづく、女は自己満足の生き物だと思う。脳科学的にもそうらしいですね。男性だって酔っているけど、男性の場合は大切な人たちのヒーローでいられたら、他はあまり気にしない人が多い。

ヒーローの自分に酔う男に対して、女はすべてにおいて酔っていたい。自分に。恋に。生活に。

かくいうわたしも、酔いに酔ってました。

気の利いたことが言える私って、指先から足の先まで気を配っているわたしって、仕事ができるわたしって、センスの良いインテリアや器に囲まれたわたしって、いい男に愛されるわたしって、嫉妬されるわたしって・・・素敵。(今考えるとあの程度でよく酔えたよねと、レベルの低い自分に笑えますが)

自己満足に酔いしれていたし、いつも誰かと戦っていました。わたしは劣っていない、絶対に負けない、それが原動力になっていたかもしれません。

けれども、実のところは、全くといって良いほど幸せではなかったんですよね。

焦りや虚しさ、疲労感は増える一方。休みも取らず、毎日10時間以上働いているのに、着飾るために、素敵に暮らすために、何かを埋めるように、お金がどんどん飛んでいく。何かがおかしいと思いながら、何がおかしいのかわからない。一度、走り出してしまったら、自分では止められないし、止め方もわからない。

そして、ある時、わたしはぷつっと糸が切れて、強制終了したんです。薄々、勘づいていた「本当のこと」を正面から受け止めてしまったから。。

本当のこと。それは、実力があるわけでもなければ、たいした努力もしていない。その場を取りつくろうことや、人を気分良くさせるのが、ほんの少しうまいだけ。積み上げているように見えていたものは、中身が空っぽの虚構だったってこと。

それ以来、がむしゃらに前に進むことができなくなってしまって。心も体も限界になると同時に、生きる意味でもあった「他人より秀でること」という自己満足は、何もかも意味がなくなってしまいました。

自分に自信がなくて、自分の生き方に誇りを持てなくて、だから一生懸命、外側を塗り固めていただけだし、自分を取り繕うためにこの先も死ぬまで走り続けていくなんて、もうわたしにはできなかったんですよね。

それからは、生活できる程度に仕事を縮小して、一体どうすればこのモヤモヤから抜け出せるのかと、うんうん唸る毎日でした。

自分を満たしていた(と思っていた)買い物も美食も美しくあることも、自分を酔わせていたすべての自己満足が、自信のなさやコンプレックスや、満たされない心を埋めているだけだったと知ってしまったのに、本当に心が喜ぶことや、働く意味、もっというと生きる意味みたいなものは、さっぱりわかりませんでした。

なんとか抜け出したいともがき苦しんでいるうちに、転機が訪れました。それまで出会ったことがないような人と、出会うようになったのです。その人たちは、素敵な仲間と、目の前の人の笑顔があれば幸せで、それ以外のもので自分を埋める必要がないようでした。

さらには、「困っている人をほっておけない。この状況を見ぬふりはでいない」そういう純粋な思いと行動力が、社会を動かすほどの大きな影響力になっていて、信じられないほどの資金を動かしていました。にも関わらず、みな質素で、自分にはほとんどお金をかけていないようだったし、あまり興味もないようでした。高価なものなんて一切身につけていないのに、気品に満ちていることも驚きでした。

ご本人も周りにいる方もみんな笑顔が素敵で、わたしは本当に眩しかったです。今まで出会ったことがない人たちでした。

最初は、そんなきれいごとがあるわけないと思ったし、最後の最後まで疑いました。人のためなんて、外側に見せている姿であって、本音と使い分けているはずだと。けれども、疑えば疑うほど混乱しました。裏も表も、外も内もない、見えていることが全てだったから。

でも、ある日、目覚めた瞬間にハッと気づいたんです。その時わたしは、やっと次の世界へいける扉を見つけたという安堵感と、まるで冒険にいくようなワクワクを感じました。それと同時に、それまで受けたことのない衝撃を受けました。

「何もかもうまくいかなかったのは、自分のために生きていたからだったんだ」と、わかったから。人のために時間も労力も捧げているつもりだったのに!

この時から7年が経ちましたが、驚くことに、わたしの自己満足は「目の前の人が心から幸せになってくれること」という、とてつもないきれいごとになっています。そのために成長したいし、どれだけ労力を注いでも苦にならないし。こんなきれいごとが本気で言える人間になるとは思いもよらなかったけれど、一人でも多くの人に心から笑ってもらえるよう、この自己満足にますます突き進んでいこうと思っています。

あの頃、虚構ではあったけれど、自己満足にとことん酔いしれて、人生を立ち止まって、本当に良かったと今では思っています。そうでなければ、こんなにも穏やかで、幸せと喜びがあふれる毎日が訪れるはずがなかったから。

心から笑えるようになったのも、夢を見つけられたのも、一つずつ叶えていけるのも、手を差し伸べてくれる人や、心の支えになってくれる人が、いてくれたおかげ。わたしも、苦しみもがいている人に手を差し伸べて、少しでも心の支えになれたらというのが願いだし、唯一できる恩返し。

今もめいっぱい自己満足で生きています。そして、自分に、仕事に、恋に、それから、欲しくてたまらなかった心が満たされた日々にも、あの頃以上に酔いしれています。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 経世志塾の移動例会で小村寿太郎候の志に触れる

  2. 【塾生の声】新橋 育子さん

  3. 人気店はなぜ人気なのかをエステサロンで分析

  4. 女徳塾の塾生がすっごく売れてるワケ

  5. 理想のライフスタイルの理想のゴール

  6. ◆もっと夢を実現して、極上の女になる!◆299号

  7. 辛い経験で学んだ人の在り方

  8. 自分の人生で証明していること

過去記事を読む

最近の記事