自分の人生で証明していること

以前の私は、お買い物が大好き、高級なものが大好き!マンションだってどんどんグレードアップしたい!と欲望の追いかけっこ状態でした。

けれども、その価値観では幸せから離れていくことがわかり、ある年の元旦に「そういう自分は全部捨てて、人のためだけに生きよう!」と決意しました。

自分を変えると決意するということは、それまでの自分を疑い、否定すること

自分を変えると決意するということは、それまでの自分を疑い、否定すること。自分の醜い部分や間違いをしっかり受け止めること。

何か不満に思っていることがあったり、うまくいかないことがあったり、幸せになりたい!と思っていたりするならば、そう思っていること自体がまさに!!「今までと同じ自分ではうまくいかない」ということの証明ですよね。ということは、自分を変えるしかない。

「あの人が悪い。あの人が変わればうまくいく。」それは残念ながら無理です。自分が世界の中心でもなんでもないから。今、不満があるなら、それを引き起こしている自分の中の何かを変えない限り、同じことを繰り返すだけ。一度きりの人生だっていうのに、そっちの方がよっぽど嫌ですよね。

勇気や根気はいるけれど、変えたいと思っている現実が変わるまで、こうなりたい!と思っている状態になるまで、自分を変え続ける方がよっぽど生産的で賢い。私はそう思います。

自分を変えたら、世界も変わった

とはいえ・・・汚い自分や、卑怯な自分などなど・・・見たくない自分を見るのは本当に嫌でした。「嫌悪感を抱く人は自分そのもの」なんですもの。鏡の法則とはよく言ったものです。

そうして、がむしゃらに数年を過ごしたら・・・・ふと気づいて周りを見渡すと、いつの間にか世界は大きく変わっていました。すっごく素敵な世界に、自分がいたのです。

自分を変えられないと、今を変えることはできない。今を変えられないと、未来も変わらない。自分を変えれば、今すぐ人生は変わる。

自分次第で仕事も恋も思いのままになること、たくさんの人に伝えたいです。そして、同じ価値観の人と一緒に素敵なことを生み出して幸せをどんどん循環したいし、「人生、最高だね!」と言い合いたいです。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 両親を大切にする

  2. いい女は、品性と知性が内から香り立つ

  3. 私たちの想い

  4. 志高く生きるという壮大なストーリーは、味噌から始まった

  5. ◆仁の方の感想「思い当たる事がありすぎました」◆女徳指南書273号

  6. 【浅草】瓦割りカワラナ

  7. 女徳を高めて、自分自身が幸福になる

  8. 女徳を高めたら売上が5,000万円になったのに・・・

過去記事を読む

最近の記事