私、自分のために生きてます

私はこれまでも今も変わらず、自分の幸せのために生きています。でも、これまでと今とでは「大切にすること」が変わりました。愛という矢印の向きを変えたのです。

今までの私は矢印が完全に自分向き。人の幸せを願っていながら、本当のところは自分が満たされること、自分が一番でいること、自分が幸せになることが一番でした。

そのために人を傷つけてしまったり、自分が損しないようにずるくなったり、そんな自分がいても、色々な言い訳をして正当化していました。・・・いえ、正当化どころか、「それが私だから!」と言わんばかりに、開き直っていました。

嫌な自分を誰よりも一番よく知っているのは、他の誰でもない自分自身

でも、ある時、そういうことをぜーんぶ認めました。ずるい自分、卑怯な自分、卑しい自分。

自分の何かを変えないと、取り戻せない過去を悔やんで、幸せそうな他人を妬んで、自分の不幸を人や社会のせいにするような、卑屈ななババアになってしまう!理想のライフスタイルにはならない!いつまでも幸せにならない!そう気づいたからです。

だから観念して認めました。そんな風に年を取るのは絶対に嫌だったので。今思えば、これはとても正しい選択だったと思います。

人を傷つけたり、卑怯なことをしたり、それを正当化したり、そんな自分を誰よりも一番よく知っているのは、他の誰でもない自分自身。そんな自分が幸せになるなんて信じられるはずがないし、許可できるはずがないんですよね。

心のどこかでは正義や愛が世界を救うと信じているのに、正義や愛という仮面をかぶっていた卑怯な自分!それからしばらくは、どんなに自分のことだけ考えて生きていたのかが1分おきにわかる感じで・・・何だかもう笑えました。だって、人のことをもう少しは考えていると思ってましたから(笑)

過去も今も自分のために生きているけど、矢印の向きが正反対

人のことだけを考えられるようになりたい!目の前の人の笑顔を喜びと思えるようになりたい!その一心で向き合ったら、それまでいた人と問題が起きたり、人が離れていく代わりに、今まで会ったこともないような人たちに出会うようになりました。

そして、ふと気づいたら、理想のライフスタイルになっていました。何かあっても、何もなくても、いつも幸せ。目の前の人の喜びや笑顔が自分のパワー。いつもいつも満たされていて希望でいっぱい。トラブルが起きてもすぐに前を向ける。自分に合ったスタイルで仕事をして、自分も過去も生かしてやりがいでいっぱい。そんな毎日です。

過去も今も自分のために生きています。それは変わらない。でも、矢印の向きが正反対。これからは、目の前の人の喜びが自分のパワー!という人や、自分もそうなりたい!という人と、素敵なことをたくさん生み出していきたい!過去の自分みたいな自己中な人とは、出会いたくないわー(笑)

理想のライフスタイルになって本当によかった!頑張った私、えらい!

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 新橋・鶏繁 おいしい!

  2. 大好きなことばかりで始まった2016年

  3. ◆あなたは大丈夫?不幸の連鎖から抜け出せない「哀れみ族」◆女徳指南書2…

  4. 初めての皇居ラン!

  5. 6月11日(木)の徒然

  6. たくさんの人を幸せにできる能力を短所として発動させてしまっているかも

  7. 今のビジネススタイルに、あなたは満足していますか?

  8. 好きを仕事にするってことは

過去記事を読む

最近の記事