「幸福な人生の送り方」信念が現実になるってこういうこと

「逆境の乗り越え方」の続編で

「幸福な人生の送り方」をお届けしています。

 

三つめ目の体験は、

「とにかく安らかに暮らしたい」と

21歳の時に強く強く思ったことです。

 

安らかな毎日は、

「お金があることと幸せは全く関係ない」

という価値観そのものでした。

つまり、外側のことには影響されない自分です。

強く強く思っていたことがその通りになりました。

 

・・・10年かかりましたが。

 

プロにサポートをお願いすればもっと早かったのでしょうけど、

そういうプロがいることすら知らなかったし、

安らかな毎日が当たり前という信念に書き換わるまで、

私にはそのくらいの時間と成長が必要だったのかもしれません。

 

「信念が現実になる」

これ、本当にその通りだなと思います。

 

簡単に現実になることは簡単に書き換わる信念だし、

現実になるまで時間がかかるのは、

成長して気づかなければいけないことが

たくさんあるということなんでしょう。

 

「ほしい!」と思ったことは必ず叶えていますが、

不思議なことでもなんでもなく、

私自身が「絶対に叶える!!」と思い続けるので、

叶うまでは、時間がかかってもそこに向かって

行動し続けてているというだけのことなんですよね。

 

ビギナーズラックも本当にこの通りだなと思います。

引き寄せが最初だけうまくいった人なんかも。

最初は気軽に行動して割と簡単に現実になる。

でも、自己信頼や覚悟など自分を支えるものがないし、

自分でコツコツと積み上げてきた上でのことではないから、

現実になって喜ぶと同時に「そんなはずない!」って

自分で新たな信念を作ってしまうんですよね。

だから、ビギナーズラックで終わっちゃう。

 

起業でも最初はわーっとうまくいく人って結構多いんです。

でも、自己信頼や覚悟があいまいだと、

「そんなはずない!」と自分で否定してしまって、

後が続かないんです。

 

・・・そこから始まる苦難にこそ学びと成長があるから、

その方にとっては正しい道を歩んでいるんですけど!

 

それと、すでに叶った気持ちになることが大切とか、

過去形で言わないとダメとか色々言いますが、

私はそういったことを気にしたことがありません。

でも、願ったとおりになっていることがたくさんあります。

 

形式とかそういうことが大切なのではなくて、

自分がどれだけ強く「欲しい!!」と思っているかということと、

「いつかはわからないけど絶対に手に入れる!!」

と信じて待てるかどうかだと思います。

 

叶えるまで諦めないし、叶うまで虎視眈々と待つ。

自分を信じていないとそれができないですよね。

やっぱり自己信頼って大切。

 

そういえば、運命の相手と運命の出会いをして

電撃結婚した塾生も同じ結論だったなー。

20数年彼氏がいなかったけど、

結婚することは信じていたんです。

 

自分が「ほしい!!」と強く強く思っていれば、

そして「必ず!!」と信じることができれば、

必ず道がひらけるし、必ず叶う。

私はそう信じています。

関連記事

  1. ◆”美味しいおまけ”がもらえる人生◆女徳指南書305号

  2. お気に入りの場所

  3. 何が起きても大丈夫!もう落ち込まない!自分らしく生きるためのハウツー

  4. 江戸時代と変わらぬ道と武家屋敷

  5. 自分を幸せにするのも、足をひっぱるのも自分

  6. ◆4つの女徳タイプ”居場所があると安心する慎重型の礼…

  7. 静かなお正月

  8. マリーアントワネットのアフタヌーンティー

error: Content is protected !!