【逆境の乗り越え方】辛い過去の蓄積ではなく、意味のある過去を蓄積していく

「逆境」誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。また、今まさに逆境中!!という方もいるかもしれませんね。

残念だけど、私たちは誰一人として逆境を避けることはできません。人生から失敗がなくなることはないし、問題がなくなることもありません。今すぐ逃げ出したいようなことも、何のために生きてるの?と思うようなことも、誰の身にもいつでも起きうることです。なんだか脅かすみたいですが、これは揺るぎない事実なんですもの。

同じことを繰り返すのは努力する場所を間違えているから

やっと成功を掴めそうなところまできたのに、歯車が狂い出して振り出しに戻るかもしれない。未来に希望を持てずに闇をさまようような状態からなかなか抜け出せないかもしれない。誰に、いつ、何が起きるかは、引き寄せやポジティブシンキングを駆使したところで、誰にもコントロールできない領域です。

変えられないことに対して、「なんで!」「いやだ!」と抵抗しても、変えられないものは変えられません。そこに時間や労力を使うのはとてももったいない。

「これをすれば誰でも成功できる!」「これをすれば誰でもハッピーで幸せ!」という言葉が希望や励ましになったとしても、根本的な解決策にはならずに、結局、同じところをグルグルさまよってしまうのは、変えられないことを変えようとするからです。努力する場所を間違えているのです。

逆境を呪うのではなく、逆境を乗り越えられるようになる

それなら、私たちはいったいどうすれば良いのでしょうか。抜け出す唯一の方法は、どんな逆境にあったとしても乗り越えられる「心の強さ」を持つことと、乗り越えるための「知恵」を身につけること。

辛い時って、何が辛いですか?気持ちが落ち込んでなかなか戻れないことが辛いと思いませんか?いつ解決するかわからなくても、自分で気持ちを平常心に戻せて、さらに前向きになれたら、何も怖いことなんてないと思いませんか?

そうなれば、「問題よ!人生からなくなれ!!」としか思えない呪いたくなるようなことが、「問題が起きるたびに成長してできることが増える!」という風に見え方が変わります。その方がずっと生産的。だって、どんなに呪ったって、なくならないんだから。

単に辛いだけの過去を蓄積していくなんて、もったいないし、まっぴらごめん。自分の捉え方を変えることができれば、未来につながる意味のある過去の蓄積になります。その方がずっとずっといい。

自分以外を変えることはできませんが、自分自身はいくらでも変えられます。今すぐにでも!

 

関連記事

  1. ◆人生が変わった3つ目の気づき◆女徳指南書289号

  2. 「公明正大」

  3. 待ちに待ったその時のために

  4. ◆ポジティブとネガティブの違いはこれ!◆女徳指南書295号

  5. その願い、誰のため?

  6. 白漆の漆器

  7. 山田彩乃の志【彩乃塾は女性の起業を徹底サポート・仕事も恋も選ばれる女に…

  8. ◆「施される系 哀れみ族」を徹底解剖!◆女徳指南書257号

最近の記事