幸せな人のオーラと、そうでない人のオーラ

美をたもって、セレブっぽくて、キラキラっぽく見えても、

心は貧しくて惨めって状態はちっとも幸せじゃない。

いつまでも心が満たされない、

欲望の追いかけっこ状態。

何より、それが一番の不幸の原因でした。

 

私、5年ほどいろんな人を観察したんです。

落ち着いて澄んでいて神か!!みたいな人、

オーラがキラキラしている人、

くすんでいて「あー、本当は幸せじゃないんだろうな・・・」という人、

いろんな人がいますが、違いはなんだと思いますか?

 

1、落ち着いて澄んでいて神か!!みたいな人

人や社会のために自分を役立たせることが

当たり前になっている状態。

それが喜びだし生きるパワー。

怒るところは誰も見たことがないと思う。

 

2、オーラがキラキラしている人

何かを達成することが楽しくてたまらないけど、

儲けるとか稼ぐとかいうことに視点がなく、

人の役に立つことが楽しくてたまらない状態。

迷ったり怒ったりすることも時々はある。

 

3、くすんでいて「あー、本当は幸せじゃないんだろうな・・・」という人

本当は心が満たされていない状態。

誰かに恨みや怒りを向けたままになっていることも多い。

 

ここに、子どもっぽさが入ったり、我慢が入ったり、

本当はもっともっと細かくいろいろありますが、

大きくわけるとこんな感じです。

 

私は完全に3でしたよ。

幸せになりたくて、幸せになろうとしたけど、

どうしてか満たされることがなく。

稼いだり、何かを達成したり、おいしいものを食べたり、

欲しいものをどんどん手に入れても、

すぐに心は足りなくなって、

満たすことと足りなくなることの追いかけっこでした。

 

今は3を抜けてキラキラしていることを願いたいですが!

無理とか我慢はしたくないし、

心が、魂が、喜ぶことだけをしたい。

人を憎まず、恨まず、疑わず、

そう思って生きています。

 

愛や思いやりの矢印を自分ではなくて

相手に矢印を向けることを意識するようになってから、

過去、欲しくてたまらなかったものが

気づくとみんな手に入っていました。

出会いも仕事もいろいろ。

やっぱり人生って類友なんですよね。

幸せになりたかったら、

自分が素敵な人になることが一番の近道。

 

関連記事

  1. 人からもお金からも大切にしてもらえる日々は誰でも当たり前の日常にできる…

  2. 「公明正大」

  3. 代官山ラジュネスへ

  4. 3日目「これぞ、幸せな生き方!」 これぞ、幸せな生き方!

  5. 白漆の漆器

  6. 影響力とカリスマ性

  7. ◆恋上手になれる大切な一歩◆女徳指南書265号

  8. 【集客シリーズ 】うまくいかない集客・うまくいく集客

error: Content is protected !!