それ、本当は才能ですよ!

ここのところ「自分が本当にやりたいこと」に

今一度向き合っています。

 

そんなことを考えながら歩いていたら、

「そうだ、私はこれがしたいんだ!

こういう人の力になりたいんだ!」

と心に強い思いがわいてきて。

 

ふと、目の前に初めて見る神社が。

これも何かの思し召しと思い、

立ち寄って決意表明をしてきました。

 

どんなことも受け入れて、

本気で幸せになりたい人のために、

私は命を使いたいです。

もって生まれたものを才能として使って、

人生を謳歌してほしいです。

 

私自身、才能として発揮されるはずのものを

コンプレックスや弱みとして使ってしまい

ずいぶん、生きにくさを感じてきましたが、

全部ひっくり返しました。

 

例えば、HSPの症状。

HSPは人が考えていることなどを

敏感に感知してしまう人のことです。

感覚がとっても敏感で繊細です。

やたらと匂いに敏感だったり、

サイレンの音にびっくり仰天するくらい驚く人は

HSPの可能性が高いです。

 

私も大きな音にびっくり仰天するくらい驚いたり、

微かな匂いに敏感に反応したりするので、

一緒にいる人はそれを見て

びっくり仰天するなんてことがよくあります(笑)

 

先日、WEB上の簡単な職業診断をしたら

「探偵」と出たのですが、

なるほど確かにこの嗅覚や聴覚を活かせば、

名探偵になれるかもしれません!

 

なんでも感じ取ったことを言ってしまうので、

親にはこっぴどく怒られることが多々ありました。

そりゃーーー親からしたら、

「なんでこの子は余計なことを言うんだろう」

とハラハライライラしただろうと思います。

 

 

大人になるにつれ、何が言っても良いことで、

何が言ってはいけないのことなのかがわからず、

人と話せば問題が起きるので話すことが恐ろしく、

一時は鬱状態になったこともありましたが、

使いこなせるようになった今は、

コンサルティングになくてはならない才能の一つです。

 

劣等感もすごく強かったし、

他にもたくさんのコンプレックスや弱みに

苦しめられてきました。

 

コンプレックスや弱いところは、

なくそうとすると全然うまくいきません。

余計にひどくなったりして大混乱です。

なくすのではなくて生かすのです。

だって、本当は才能だから。

それをうまく使いこなせなくて、

コンプレックスや弱みになっているだけなのです。

その体験が、劣等感になっているだけです。

 

全部ひっくり返せば、

魅力や強みに変わって役立たせることができます。

女徳塾の真髄と言っても良いかもしれません。

 

本当は才能なのに、

コンプレックスや弱みになっているなんて、

それが自分の足を引っ張っているなんて、

もったいないと思いません?

 

関連記事

  1. JWLI(Japanese Woman’s Leaders…

  2. 17年間、出会いさえなかったのに、女徳を高めたら理想通りの人に出会った…

  3. 選ばれるということ

  4. 2日目「今この瞬間は結果。結果には必ず原因がある」

  5. 女徳塾のこだわり

  6. 表参道巡り

  7. 書道

  8. あなたの中にいるブラック○○(○○は自分の名前)があなたをコントロール…

error: Content is protected !!