後悔しない人生のために

こんにちは。山田彩乃です。

昨日はどんな良いことがありましたか?

私はというと、

初めて黒豆を煮ておいしくできました!

 

さて、今日は

「後悔しない人生のために」です。

 

私はいつも

「今、自分に何かあったとして、

 後悔することって何かな」

と考えるようにしています。

 

22歳の時、

「苦しみの原因はすべて、

 自分の勝手な思い込みだったんだ・・・!」

と気づいて以来、

命を終える時に後悔する人生だけは

絶対に送らないと決めました。

 

「あぁ!良い人生だった!」と言いながら、

気持ちよく清々しくこの世を去ろうと決めています。

 

だから、ことあるごとに、

「今、自分に何かあったとして、

 後悔することって何かな」

と自分に質問しています。

 

そう考えると、

思い出したくない過去、

人には言えずにいる過去、

そういうことを抱えたままだと、

きっと気持ちよくは去れないし、

 

あれをすれば良かった、

これをしたかった、

と心残りがあればあるほど、

やっぱり清々しくは去れない。

 

実際に今、想像してみてください。

 

「何かを悔やみながら、

 人生を哀れんでこの世を去る自分」

 

「あぁ!良い人生だった!と言いながら、

 気持ちよく清々しくこの世を去る自分」

 

何かを悔やみながら、

人生を哀れんでこの世を去るなんて、

ぜーーーったいに嫌ですよね。

 

でも、私たちってもしかしたら

1分後に命が尽きるかもしれないんです。

 

毎日、毎日、

子どもからお年寄りまで、

たくさんの人が亡くなっていて、

その中にいつ自分が入るかは、

誰にもわかりません。

私たちは1分先のことさえ、

誰にもわからないのです。

 

それなのに、今、

後悔していること、悔やんでいること、

哀れんでいること、怒っていること、

逃げていること、後ろめたいこと、

そういうことが一つでもあるなら、

この世を去る時も抱えたままに

なるかもしれないということ。

 

「生きている時」というのは

「今」しかありません。

 

後悔することが一つでもあるなら、

まだやるべきことがあるということです。

 

かくいう私も、実はまだ、

一つだけやり残したことがあるので、

「あぁ!良い人生だった!」と言うどころか、

「あぁ、もっと早くやれば良かった!」と、

命が尽きるその時まで悔やみそうで・・・。

 

それを形にできたら、

気持ちよく、清々しく、心置きなく!

残りの人生を大満喫できるだろうし、

(想像するだけで清々しい!!)

「あぁ!良い人生だった!」と言いながら、

笑顔で命を終えることができそうなので、

早く形にできるよう、

ますます全力で駆け抜けたいと思います!

 

今、あなたの命が尽きるとしたら、

何を後悔しますか?

何が心残りですか?

 

それを一つでもなくすために、

一歩を踏み出してください。

 

せっかく生まれてきたのに

全部やりきらないともったいないです!!

 

               山田彩乃

 


人気のブログ記事



4.メールセミナー