負の循環は終わりにして、幸せを循環していこう

「人生は自分以外の何かにコントロールされている」

と無意識に思い込んでしまっている方は意外と多いです。

 

その原因のほとんどが両親や身近な大人からの影響。

子どもの頃に自分ではどうにもならないことが起きたり、

自分を押さえ込んだり、自尊心が傷ついたりし、

両親や身近な大人にコントロールされてきたことで、

大人になってからも「コントロールされている」ことが

自分の中では当たり前の常識になってしまいます。

 

そして、大人になった今・・・

あら大変!!

あれほど、無力感を感じたり、傷ついたり、

絶望感を感じたりしたのに・・・!!

今度は自分がコントロールする立場に

なっているではありませんか・・・!!

 

ここ、ややこしいかもしれませんが、

説明していきますね。

 

自己責任で生きている人は、

怒ったり、哀れんだり、憂いたりしても、一時的です。

人間なので、当然、感情はわき起こりますが、

そんな自分を選択し続けても何も変わらないどころか、

ますます状況が悪くなり無意味なことを知っているので、

現状を受け入れ、自分が何をすべきか冷静に答えを出し、

行動することに意識を切り替えます。

自分が変わることが前提です。

 

ところが、自分が人生の主人公になっていない人は、

現状を受け入れません。

常に誰かや過去のせいだから。

相手を変えることが前提で、

色々なストーリーや主人公を作り出します。

 

そして、

「あの人さえいなくなれば!」と怒ったり、

「私ってなんてかわいそうなの・・・」と哀れんだり、

「あのことさえ起きなければ・・・」と憂いたり、

現状を打破するためには周りを変えることだと思い込み、

あの手この手で「周りをコントロールする」のです。

自分がされたのと同じように。

 

あんなに嫌な思いや辛い思いをしたはずなのに、

自分がされたことを無意識にそのまま受け継いでいるのです。

自分に影響を与えたその人もどこかで同じ経験をして、

同じように知らぬ間に受け継いでしまっているのです。

誰のことも責められない仕方のないこと。

自分が変わって終わりにするか、

また受け継いでいくかです。

 

脈々と受け継いできた命の結果が今のあなたですが、

40億年前に生命が誕生したと言われていますから、

40億年も脈々と続いたDNA・・・!!

 

敵を倒したり、

救い出してくれるヒーローを見つけたり、

そうやって目的を達成したとしても、

自分の中にある根本は解決していないので、

相手を変えて延々とそれを繰り返し、

歳を重ねるごとに心の中の欠乏や孤独は大きくなります。

自分が人生の主人公になっていないから。

 

こんな負の循環、自分の代で終わりにしなくては。

あなたが終止符を打って、

正の循環に変えていくんです。

新たな幸せを作っていくんです。

 

昨日、お伝えしたセルフトークチェックはしてみましたか?

引き続き、しっかりチェックしてくださいね

 

「こんなにも今を生きていないことにびっくりです・・・」

といったお声をいただいていますよ。

 

まずは気づくことから。

世界の見え方が少しずつ変わるはずです。

関連記事

  1. 代官山ラジュネスへ

  2. みんな「幸せになりたい」 ただそれだけ

  3. 私たちの想い

  4. ◆4つの女徳タイプ”居場所があると安心する慎重型の礼…

  5. ◆自己管理スキルは人生の宝物◆女徳指南書302号

  6. 「逆境の乗り越え方」その経験が強さと知恵になり、未来のあなたを作ってい…

  7. 少々遠くても、少々高くても、 良い店や良い商品はこうして選ばれる

  8. 「あの人の方がうまくいっている」と見えているようではダメ

error: Content is protected !!