◆ 結局はこれをした人の勝ち! ◆女徳指南書329号

 

塾長山田彩乃です。

 
「捨てられない女」シリーズはvol.4までいきました。
バックナンバーはこちら。
 

 
捨てることに歯止めがついたAさん。
今も着々と捨てているようです。
本当にすごいこと。
年内には脱ゴミ屋敷!
モデルルームのような部屋に!

 
捨てられない人や、
片付けられない人にとっては、
大革命ですよね。

 
(Aさんにとっては一つ一つが
大切なものだから、
ゴミ屋敷って言ったら
怒られそうですけど・・・)

 
ちなみに、
ときめいて片付ける手法が、
流行っていますよね。
とっても素敵な発想!

 
ところが、
Aさんにとっては、
ぜーんぶときめいてしまって、
捨てるどころか思いが深まって、
ますます捨てられなくなりました。
色々なパターンがありますよね。

 
家の片付けだけに限らず、
自分が解決したい問題が、
どんな方法で解決できるかは、
どんなに流行っていても、
他の人たちはうまくいったとしても、
やってみないとわかりません。
仕事も恋も一緒です。

 
女徳塾では、
初回のセッションの時に、
「この人はこういうところが弱くて、
こういうところが強みだから、
このパターンで弱さをカバーしながら、
強みを伸ばしていくことになるかな。
最終ゴールはここだよね。」
という感じで、最適な手法や、
ゴールまでの流れを予測します。

 
予測通りに進むことが多いですが、
そうはいっても、
やっぱりやってみないとわからない。
やりながら軌道修正したり、
手法を変えてみたりして、
それぞれが経験を増やしながら、
ゴールに向かうしかない。
どんなことも一緒ですよね。

 
少しずつ恐る恐る進む人もいれば、
恐れずどんどん進む人もいますが、
どちらにせよ、
けなげに行動し続けた人の勝ちだなぁと
つくづく思います。

 
途中で諦めてしまう人、
つまり、
問題から逃げてしまう人って、
結局、その後も、どこへいっても、
同じ問題を繰り返していることが、
ほんとーーーーに多いんですよね。

 
バージョンアップするために、
自分がいる場所や関わる人も
バージョンアップするのは
とても素敵なことですが、
問題から逃げるために
場所や相手を変えても、
問題はいつまでもひつこく
追いかけてくるんですよねぇ。。

 
自分がしたいようにすればいいけど、
いつまでももがいていないで、
さっさと幸せになっちゃえばいいのに!
と思います。

 
だって、
いつまでも同じ問題があるのは、
苦しいですから。

 
先ほど、
最適な手法やゴールまでの流れを
予測すると書きましたが、
予測が立てられるのは、
経験とセンスだと思います。
これを強みといいます。
他にもたくさん強みがあります。

 
強みもみんな知りたがるけど、
人から教えてもらった強みを
自分の強みだと思い込むよりも、
行動して、結果を検証して、
その中から見つけるのが確実。

 
一番良いのは、
客観的な強みだけでなく、
検証する方法も
教えてもらうことかなと思います。
仲間で検証しあったりね!
(今月の女徳塾でやろうねー♪)

 
そうやって見つけた強みは、
魂と共鳴するような、
誇り高い宝物のように思えるから、
大切に大切にしますよ。

 
どんなことも、
人から教えてもらうだけでなく、
実際に自分でやってみないとわからないし、
怖がらずに、天秤にかけずに、
最初の直感を信じて行動してみるのが一番!

 
行動してやりきった人だけが
味わえる絶景がある!


人気のブログ記事



1.仕事も恋も思いのまま!