紅花別館のココットカレー!!

久しぶりに日本橋の紅花別館へ。
ココットカレー!

気合い入れます。
なぜなら、辛いから!!

美味しい〜!!辛い〜〜〜!!
安定の辛さと美味さ!!
たまりません。

食後のラッシーが中和してくれます。
この飴と鞭の感じがたまらない・・・

いつも、他のものも食べてみたいと思うけど、
結局、ココットカレーを食べてしまいます。

今日は紅花のことを調べてみました。

創業昭和12年。
お客様が3代続いている。
という話しは知っていたし、
実際にいつも品の良さそうな方ばかり。

それだけでもすごいことですよね。

でも、紅花のすごさは・・・
それだけではなかった・・・

ヨーロッパやアメリカで、
80店舗以上、出店しているそうです。

すごい・・・!!
佇まいがひっそりとしていて、
いかにも老舗な丁寧なサービスで、
そんなに手広く経営しているとは思いませんでした。

以下は紅花のサイトから引用。

 

+++++++++++++++++++++++

 

昭和12年にタップダンサーであり
俳優でもあった青木湯之助により
日本橋に甘味喫茶として創業。

終戦後に洋食、鉄板焼き店として開業し、
昭和39年にはニューヨークはマンハッタンに
「BENIHANA OF TOKYO」を開業。
シェフがお客様の目の前で焼き上げる
鉄板焼きパフォーマンススタイルを確立しました。

さらに昭和46年には、
現在は世界遺産となっている白川郷の合掌造りを
そのままニューヨークに移転した
「GASHO OF JAPAN」を開業しました。

現在は現地法人として
アメリカやヨーロッパなどに
80店舗以上を出店しています。

 

+++++++++++++++++++++++

 

鉄板焼きパフォーマンスは
紅花が元祖だったなんて・・・!!
先見の明があるオーナーだったのですね。

こんな風に、
自分の感性や才能を生かして、
たくさんの人が喜んでくれるもの(仕事)を
作れたら本当に幸せ。

頑張ろう!

美味しかったです。
ごちそうさまでした(*˘︶˘*).。.:*♡

紅花別館


人気のブログ記事



7.お店