経験に無駄はないなぁというお話

まだ足がピクピクしてました。
ファスティング明けはサラダやお刺身など、
生ものを少しずつ食べます。

この回復食をどうコントロールするかで、
ファスティングは毒にも薬にもなる。

回復食をしっかりせずに、
ファスティングが終わったー!と
すぐにリバウンドしていたら、
なーんの意味もないし、
そもそも自分の欲求に振り回されているなんて、
かっこわるいじゃない。

何よりそうやって太ったり痩せたりを繰り返すと、
ぶよぶよ締まりのない体になっていくのよね。

・・・というのは、
ファスティングを始めた15年前の私の話(笑)

21歳のときに
それまで不摂生をしていた生き方を
180度改めるべく健康オタクに目覚め、
ファスティング(断食)、布ナプキン、
マクロビオティック、冷えとり靴下などなど
知識と経験を増やしていきました。

コールドプレスジュースがブームだけど、
実はずっと昔から日本でもありました。
私も15年前から数えてマシーンは6台目。

たくさん試して、たくさん失敗もして、
そうやって自分が好きで突き詰めてきたことが、
今になって少しだけど人の役に立つことがあります。

経験には本当に無駄がないなぁと思います。

関連記事

  1. 仕事も恋も選ばれるのは、自分の中の「愛」が育っているから

  2. 大阪で仕事も恋も選ばれるためのセッション

  3. ◆もっと夢を実現して、極上の女になる!◆299号

  4. 欲しかったものが全部手に入った日

  5. 待ちに待ったその時のために

  6. 仕事も恋も選ばれる女が、何もかもが豊かなのは・・・

  7. クレームや質の悪い顧客に気持ちが振り回されている方へ

  8. ◆号外!号外!やったー!!増席決定!!◆女徳指南書267号

error: Content is protected !!