◆4つの女徳タイプ”居場所があると安心する慎重型の礼”◆女徳指南書276号

==================================
【第6回女徳勉強会】
立花貴さん夢実現の流儀!
本物の志にふれたい方、
刺激や学びを欲している方、
11月27日(日)13時半~17時半まで
会場は東京・浜松町です。
詳細・お申し込みは
以下のサイトからお待ちしています!
http://office-ayano.co.jp/jotoku6/
==================================

塾長山田彩乃です。

 

女徳タイプって、
自分らしく生きていないと、
全部当てはまる気がしたり、
全部当てはまらない気がしたり、
あやふやになりますよ!

 

仁・・・情愛に生きたい激情型
義・・・自分を貫きたい武闘派
礼・・・居場所があると安心する慎重型
智・・・いつも冷静でいたい知性派

 

今日は”礼”をご紹介します。

“仁”のタイプを読んで、
「こんなに自分を出せる人がいるんだ!」
と思ったり(驚くくらい)、
“義”のタイプを読んで怖いと恐れた人、
そんなあなたは礼ですよー。

そのくらい礼のあなたは、
和合や調和を大切にしているんです。
感情を相手にぶつけたり、
正義のために怒るなんて、
あなたは大嫌いです。

・・・が、
そのことすら表に出しません。
和合や調和が乱れるから。
あなたがいてくれないと、
世の中は争いだらけになります。

礼のあなたは、
不測の事態が起きると、
とってもとっても不安になりますよね。

そして、
自分に居場所がない気がすると、
どんどん落ち込んでいきます。

悲劇のヒロインになったような気持ちになって、
なんだか自分がとっても可哀想に思えて、
シクシク泣きますよね。

そんなあなたは、
“居場所があると安心する慎重派の礼”
タイプです。

礼のあなたはとっても怖がりです。
与えられた仕事はきっちりこなしてくれますが、
変則的なことが起きると混乱します。

けれども、波風は立てたくないし、
そんな空気を察してもほしいので、
言葉が少なくなり、
ミスコミュニケーションが起きがちです。

ですが、とにかく怖がりなので、
自分のミスも何もかも
なかったことにしてしまいます。

そのため同じことを繰り返しがちですが、
それすら見ようとしません。
そのくらい怖がりなのです。

そんな礼の人たちは、
人の気持ちに寄り添うのが得意です。
共感力が抜群で、
人を支える能力はピカイチです。

ところが、
責任という言葉にとても弱く、
責任を負わされるのではないかと
勝手におびえ始めるとスイッチが入り、
それまでの寄り添い支える姿勢から一変、
手のひらを返したように距離を置き始めます。

次の居場所が見つかれば良いのですが、
次の居場所でも同じことを繰り返し、
一生懸命やっているのに報われない
可哀想な私という悲劇のヒロインになり、
さらに哀れみの世界へと浸ってしまいます。

礼のあなたの寄り添い支える力は、
本当に誰にも真似できないんです。

それなのに、責任を負うことや、
和合や調和が乱れることに怯えてしまい、
つい自分を守ることだけに精一杯になって
周りが見えなくなってしまいます。

察してくれるのを待っても、
あなたは物語の悲劇のヒロインではないし、
みんな自分の人生があるので、
いつまでも察してはもらえません。
残念だけど置いていかれるだけです。

助けてもらえるのを待つのも同じ。
歳をとっていくだけです。

自分を正当化して、
人を裏切るようなことをしては、
絶対にダメです。

自分の身を守ることよりも、
人を大切にすることや、
人の役に立つことを
少しだけ優先してみてください。

その姿勢があなたの信頼になり、
ゆくゆくはあなたの財産となり、
必ずあなたを助けてくれます。

哀れみモードになっている時は、
自分を守ろうとしているだけなんだと、
気づいてください。

察してもらえることや
助けてもらえることを
待ち続けるのではなく、
見栄をはらずに弱さをさらけ出して
一歩を踏み出してみてください。

「助けてほしい」と
素直に正直に打ち明けるのも、
行動することの一つです。

それで、調和や和合が乱れたって、
いいじゃないですか。
みんなが満遍なく幸せになるために、
そしてあなたも幸せになるために、
あなたも変わらなくては。

あなたの、
“共感し、寄り添い、支える”
という生まれ持った資質を
ぜひ人のために使ってください。

そうすれば、あなたの人生には、
未来に不安を感じて怯える代わりに、
喜びや平安が訪れます。

毎日、少しの勇気を出してください。
毎日続ければ、
気づいた時には大きな勇気になります。

山田彩乃

関連記事

  1. ◆それでも乗り越えられたのは・・・◆女徳指南書286号

  2. 自分らしさがわからなくなっている、本当は型破りでエネルギッシュで自由奔…

  3. ◆志を生き抜いた男◆女徳指南書254号

  4. 知識が増えると盲点が生まれる

  5. ◆いよいよ、ランクアップしていきます♪Vol.3◆女徳指南書309号

  6. 商品を売る以上、中身のクオリティが高いのは当然だけど、パッケージの影響…

  7. 女徳塾のこだわり

  8. 大阪で仕事も恋も選ばれるためのセッション

error: Content is protected !!