自分を慈しむ

心を込めることが、自分を慈しむということ

仕事はもちろん、食事をする時も、
掃除をする時も、誰かと接する時も、
心を込めることは自分を慈しむのと同じことです。

心を込めていなければ機械と同じ。
それはただこなしているにすぎません。

時間がなくても、忙しくても、
深呼吸して「大丈夫」と言ってみると、
心が落ち着いて今この瞬間の自分に戻れます。

そうやって一呼吸して、
1日だけでも心を込めて暮らしてみてください。

味わいながらゆっくり食事をする。
大切な人を感じながら洗濯をする。
隅々まで丁寧に掃除する。

その時間はまるで瞑想しているようです。
自分を見つめ、心の動きを静かに観察しながら、
目の前のことに集中する。
自分を大切にしている時間です。

脳をリセットし、
副交換神経がオンになります。
結果、仕事の効率が上がりますよ。

ぜひ、自分を慈しんでください。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ◆必要なものは「手に入れたいものがある!!」という思いだけ◆女徳指南書…

  2. ◆あなたはこの話を聞いてどう思った?◆女徳指南書266号

  3. 仕事も恋も選ばれる女が、何もかもが豊かなのは・・・

  4. これが私たち女徳塾の志

  5. 自分が変わると、理想のライフスタイルが実現する

  6. ご褒美の人生、、、それが、仕事も恋も選ばれる女

  7. ◆こーんなに違うのか!ポジティブとネガティブ!◆女徳指南書297号

過去記事を読む

最近の記事