自分を慈しむ

心を込めることが、自分を慈しむということ

仕事はもちろん、食事をする時も、
掃除をする時も、誰かと接する時も、
心を込めることは自分を慈しむのと同じことです。

心を込めていなければ機械と同じ。
それはただこなしているにすぎません。

時間がなくても、忙しくても、
深呼吸して「大丈夫」と言ってみると、
心が落ち着いて今この瞬間の自分に戻れます。

そうやって一呼吸して、
1日だけでも心を込めて暮らしてみてください。

味わいながらゆっくり食事をする。
大切な人を感じながら洗濯をする。
隅々まで丁寧に掃除する。

その時間はまるで瞑想しているようです。
自分を見つめ、心の動きを静かに観察しながら、
目の前のことに集中する。
自分を大切にしている時間です。

脳をリセットし、
副交換神経がオンになります。
結果、仕事の効率が上がりますよ。

ぜひ、自分を慈しんでください。

関連記事

  1. 「年収1,000万円を目指すと寝る暇もありません」

  2. 5日目「あなたにしかない才能に気づいて磨く」

  3. 私一人の力は、吹かなくても飛んでしまうくらい微力だけれど・・・

  4. 丁寧に暮らすということ

  5. 愛や幸せを循環していくのは私たち女性の役割♥

  6. マンダリンオリエンタルのストロベリーデカダンス

  7. ◆”美味しいおまけ”がもらえる人生◆女徳指南書305号

  8. 6月11日(木)の徒然

error: Content is protected !!