◆4つの女徳タイプ、あなたはどれに当てはまる?◆女徳指南書271号

塾長山田彩乃です。

今日は昼も夜も会食でした。
この指南書が配信される時間は、
同じ研修を受けた仲間との同窓会。
盛り上がっている頃かな!

さて、4つの女徳タイプですが、

仁・・・情愛に生きたい激情型
義・・・自分を貫きたい武闘派
礼・・・居場所があると安心する慎重型
智・・・いつも冷静でいたい知性派

感動するところ、悲しいこと、怒ること、
タイプごとに見事に違うんですよ。

映画なんて観に行くとよくわかります。
同じタイプ同士だと、
細かい部分まで共感できますが、
違うタイプ同士で感動をシェアしあうと、
「うっそー?!そこなの?!全然わからない!」
と違いに本当に驚きます。

この違いこそが、
トラブルや悩みの元です。
他のタイプのことを知れば知るほど、
人間関係の悩みから解放されますよ!

さて、最初の女徳タイプ指南は、
過去の指南書でお伝えした
“哀れみ族”を題材にします。

哀れみ族は、自分を哀れんで、
問題解決に至らない人たち。

うまくいかない時や苦しい時、
前向きになれずにウジウジしたまま、
色々とできない理由を並べては、
幸運が起きることを期待して待ち続けます。

どこかで勇気を出して自分を変えない限り、
待てど暮らせど幸運は起きず、
未来への不安と、現状への不満だけが
大きくなって、時間だけが過ぎていきます。

これが哀れみ族。

どっぷりの哀れみ族でなくとも、
辛い時は誰だって哀れみモードになりますが、
哀れみ族でない人は切り替えが上手です。

うまくいかない時や苦しい時でも、
さっさと切り替えて、
どうすればより良くなるかだけを考えます。

夢を叶えるのも、
志に邁進するのも、
幸運をつかみ取るのも、
哀れみ族のままでは無理です。

哀れみ族から抜け出すためには、
「今、哀れみモードになってる!」
と自分で気づいて行動を変えていくことから。

哀れみモード中は女徳タイプごとに
どんなふうになるのか、
いよいよ明日から一つずつ
指南していきますね。

長くなったので、続きは明日!

山田彩乃

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ◆義仁の方の感想「自分らしく生きることができて 本当に幸せです!」◆女…

  2. ◆私、わかっちゃったんです・・・◆女徳指南書287号

  3. 全てが感謝に変わった日

  4. 両親を大切にする

  5. 奥飛騨の旅

  6. 好きなことをするのも大切だけど、その仕事を好きになることの方が大切かも…

  7. 理想のライフスタイルの実現は、自分が人生の主人公になること

  8. 選ばれる女と、選ばれない女は、こんなに違う

過去記事を読む

最近の記事