“逃げるは恥だが役に立つ”・・・ではなくて、”逃げるは恥だし負け続け”

塾生が貴重な精麻(大麻)を編んで作ってくれました。
ミニ〆縄。

麻は聖域を作ってくれるのだそうです。
ありがとう😊

お守りにします😊💕

今日はビジネスプランの練り直し。

入塾当初から志は一貫してる。
あとはやるだけ!

そうそう。
“逃げるは恥だが役に立つ”ってドラマが
流行ってるみたいですね。

ドラマのタイトルも内容も全く知らなかったのですが、
ここぞと言う時に逃げてしまう人の話になりまして。

ドラマはさておき・・・

逃げるのが得意な人に役に立つも何もないです。

“逃げるは恥だし負け続け”

です。

逃げってややこしいしわかりにくい。
怖いから逃げるわけだし、
自分ではなかなか気づけない。

逃げる自分を変えるのって
結構いろんな要素がいるんです。

だからこそ、
自分にとっては痛い本質をズバリついてくれて、
何があっても私情を挟まずに、
けれども心から寄り添ってくれようとする人を
腹が立っても傷ついても大切にすると良いです。

結局は、どこかで自分が変わるしかないですし、
今向き合うか、いつまでも先延ばしにするか、
どちらかですものね。

私も逃げるのが得意だったし、
今でも嫌なことに蓋をして
見なかったことにしたくなりますが、
それって、ただ先延ばしにしているだけで、
いつかは、やっぱり向き合わなければ
いけなくなるわけです。

その上、いつかが延びれば延びるほど
大ごとになっていくから、
最近は、嫌な思いはさっさと
済ませてしまうことにしています。

その方がずっと楽です。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 女徳指南書で配信している内容の一部をご紹介します!

  2. ◆義仁の方の感想「自分らしく生きることができて 本当に幸せです!」◆女…

  3. 「過去はどうやって傷つけてやろうと思っていたのに、今は傷つけたくないん…

  4. 女徳塾はてっとり早く収入を得るためのハウツーを学ぶ場所ではありません。…

  5. 心が喜ぶスイッチをオンにする

  6. 選ばれる女の心得

  7. 「あなたの人生、あなたが主人公ですか?」

  8. 「何があっても味方でいること」を大切にしているのは、それが原点だから

過去記事を読む

最近の記事