「公明正大」

そういえば、私が通っていた中学の体育館には
「公明正大」という書が掲げられていたことをふと思い出しました。

20年以上たった今、
公明正大に生きることを指針にしているということは、
子どもの頃や思春期によく見聞きしていたものはやはり影響を受けるのかな、、、
そんなことを思いました。

先日、思いがけず出会った白漆の銘々皿。

どんな和菓子が良いかなといくつか選んでみましたが、
今日は紅葉が流れる様子を愛でることにしました。

せっかくの繊細なデザインなのに持ち歩く途中で崩れてしまって残念。 

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. ◆号外!号外!やったー!!増席決定!!◆女徳指南書267号

  2. 東京都内にこんな素敵な場所が・・・!

  3. 待ちに待ったその時のために

  4. 自分を幸せにするのも、足をひっぱるのも自分

  5. 全てが感謝に変わった日

  6. いい女は、品性と知性が内から香り立つ

  7. ◆こういうのって、女としてとっても大切だと思う◆女徳指南書301号

  8. 神様はいてもいなくてもどっちでもいい

過去記事を読む

最近の記事