◆違うタイプのアドバイスを聞いても解決できません!◆女徳指南書268号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【第6回女徳勉強会】増席決定!!
立花貴さん夢実現の流儀!
~大企業のトップや政治家が駆けつけ、国をも動かす在り方とは?~
11月27日(日)13時半~17時半まで会場は浜松町です。
詳細・お申し込みは以下のサイトからお待ちしています!
http://office-ayano.co.jp/jotoku6/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

女徳塾長山田彩乃です。

 

肌寒くなったと思ったら、
また蒸し暑くなって・・・
体調など崩していませんか?

 

ここのところバッタバタなので、
少し落ち着いたら休暇を取って
長野県の大鹿村に住んでいる知人を
訪ねてみようかななんて思っています。

 

大鹿村は原生林に囲まれた山深い土地。
知人の家は江戸時代に建てられた茅葺屋根。
最近まで水道が通ってなかったんですから!

 

前回、訪れた時は、お隣のやっぱり古いお家に、
ノーベル賞を作ったノーベルさんのお孫さんがいて、
おばあさまのお誕生日は島でお祝いするなんて
ずば抜けたセレブの話を聞いたもんです・・・

 

で、私は何もないところで転んで骨折して、
その辺の野草で手当てしてもらったもんです・・・
(めっちゃ腫れ上がって病院行きましたよ・・・)

 

大鹿一人旅、計画しよう~っと♪

 

そうそう・・・
2日前に送った、5キロ痩せましたの指南書を見て、
「自慢かよって思っちゃいました!てへ!」
とメッセージくださった方!!

 

てへって素直に言えるあなたなら大丈夫!
感情って素直に認めればそれで終わるので、
どんどん前に進めますよ!

 

素直に認めずに蓋をしたり、
ひねくれたままにしていると、
それが自分の足を引っ張り始めますので、
自分の中に沸き起こった感情は、
どんなにネガティブでも、汚い言葉でも、
素直に認めた方が断然お得!!です。

 

蓋をして蓄積したままになると
トラウマになったりしますから、
早めの解放をおすすめします。

 

ところで、
以前の指南書でお伝えした「哀れみ族」は、
その後、自分の中に見つけられていますか?

 

施される系哀れみ族と、
執着する系哀れみ族です。

 

簡単に言うと、
何かの拍子にスイッチが入って、
ネガティブのドツボにはまっていく状態。

 

昨日は、
「哀れみ思考スネ子になってました」
なんて報告もいただきました。

 

そんなんじゃできないもん!!って、
哀れんでスネちゃってたんですって。

 

かまってほしくてスネたり、
責められた気がしてスネたり、
哀れみ思考のきっかけに多いですよ。

 

もっとわかりやすいきっかけは、
次の4つです。

 

◎なんでわかってくれないの!!
◎自分にできる気がしない!!
◎私は必要とされていない!!
◎バカにされたくない!!

 

この4つのどれかで、
スイッチが入りませんか?
あなたはどの言葉に当てはまりますか?

 

塾長は脱・哀れみ族ですから、
今では落ち込むことが滅多にありませんが、
哀れみ族だった頃は、ダントツで、
◎自分にできる気がしない!!が、
いつもいつも頭の中でセルフトークし、
どよーんとしていました。

 

ドツボにはままりすぎると、
「あぁ、私は専業主婦が向いてるんだ・・・
起業なんて一番向いてなかったんだ・・・」
なんて本気で落ちこんでいました。

 

哀れみ思考に入ると、
何一つうまくいく気がしないし、
誰もわかってくれない気がするし、
誰からも必要とされていない気がするし、
自分ほどのバカはいない気がするんですよね。

 

そして、
これ以上落ち込んだり傷ついたりしたくないから、
ますます自分から心の扉を閉じるんです。

 

・・・今では笑い話になっていますが、
哀れみモードになっているときは切実ですよね。

 

先ほど書いた4つの言葉、
女徳塾で使っているオリジナルツール、
「4つの女徳タイプ」でわかるんです。
パーソナルカラーや四魂などの様々なツールと、
塾長が大切に蓄積してきたデータから作ったものです。

 

哀れみ族に突入するスイッチも、
哀れみ族から抜け出す方法も、
4つのタイプによって全然違います。

 

違うタイプの人のアドバイスを
一生懸命聞いて、一生懸命実行しても、
苦しいだけで、多分解決できません。
それくらい違います。

 

まだお伝えしないままになっていた
「嫉妬する系哀れみ族」について
指南しようと思っていたけど、
変更して、次回から、
「4つの女徳タイプ」を指南していきます。
すんごーーーーーく面白いですよ。

 

どうぞ、お楽しみに!

 

山田彩乃 拝

 


人気のブログ記事



4.メールセミナー