あなたの誇り高い人生のために

 

女徳塾長 山田彩乃です。

今日は、一人でも多くの方に読んでほしいことを書きます。

とはいえ・・・

前半は私事のクッキングレポですが・・・

ぜひ、最後までお読みいただきたいです。

 

 

昨夜の夕食・・・・

アンドレアシェフ@シャングリラホテルクッキングクラスで習った

手打ちパスタと、3種のパスタソースを、、、

意を決して作ってみました。

ボロネーゼから。

オリーブオイルをびっくりするくらいたくさん使うんです。

近所にタイム(ハーブ)が売っていて良かったです。

 

 

この日のために注文しておいたトマトの瓶詰めは、

野菜はここ!と決めているくだかけ生活舎のもの。

ボロネーゼは思っていたよりもずっと簡単に、

しかも美味しくできましたーーーーー♬

 

 

え??何しているかって??

・・・たまねぎのみじん切りに決まってるじゃないですか!

 

 

続いて手打ちパスタ。

ほうれん草の緑でカラフルパスタを目指します。

 

 

なかなかいい感じ・・・

まるで和菓子みたい!

 

 

2種のパスタができました。

本当はラビオリも作る予定で、

ラビオリカッターも購入済みだったけど・・・

また今度。

 

 

手打ちパスタと、ジェノベーゼ、ボロネーゼ、トマトソースです!

どのソースも思ったよりもずっと簡単で、

とても美味しかったです。

 

 

ですが、、、、

うーーーーーん、、、、、

盛り付けがイメージと全然違う上に、、、、、

一皿が2人前くらいになりました、、、、、

 

 

それでも自分が誇らしい。

美味しかったし、心も満たされました。

 

 

・・・以前は、違いました。

はたから見てどんなにうまくできても、

自分ではどうしても気に入らないのです。

例えば、このパスタの調理だって、

以前なら、自分が想像していた完璧とは程遠く、

泣きたいくらい嫌な気持ちになっていたでしょう。

いろいろなことがそんな調子で、

完璧にやれない自分に絶望すると同時に、

周りの評価をお世辞としか受け取れなかったのです。

 

 

でも、今は違います。

前回の記事にも書いたように、

自分のことをまだまだ成長途中だと思う反面、

心から誇らしく思っています。

何かが起きてもすぐにいつもの自分に戻れるし、

いつも冷静な判断ができます。

誰もが望んでいる状態ではないでしょうか。

 

 

そうなれたのは、

様々に自分と向き合ってきたことが大きな要因ですが、

今すぐできるとっておきの方法があります。

一人でも多くの方に実行していただきたい。

 

 

続けていく事で、

自己肯定が上がるばかりか、

自分のことを誇らしいと思えるようになります。

 

 

それは・・・・・

 

 

「善意を瞬時に差し出す」

です。

 

 

目の前に、

少しでも困った人がいたり、

困るであろうことが起きていたら、

瞬時に善意を差し出すのです。

 

 

難しいことではありません。

むしろ、簡単なことです。

 

 

例えば、

ご年配の方が重たいドアを開けようとしている時・・・

すぐさま、あなたが代わりにドアを開けましょう。

 

 

どなたかがゴミを落とした時・・・

すぐさま、あなたが代わりに拾って捨てましょう。

 

 

お店の商品が落ちている時・・・

すぐさま、あなたが代わりに元の場所に戻しましょう。

日常には、

ささいなことだけれど善意を差し伸べられる瞬間がたくさんありますが、

目にすると同時に、

「拒否されたらショックだし・・・」

「私がやらなくても誰かがするかな・・・」

「変に見られたら嫌だし・・・」

こんな風にもう一人の自分が反対意見を言うので、

善意を必要としている瞬間は、

文字通り瞬く間に過ぎていきます。

 

 

小さな事に瞬時に手を差し伸べられない人は、

大きな事にも結局手を差し伸べられません。

他人にも、自分にも・・・。

とても大切なことです。

 

 

そして、

小さな事でも、大きな事でも、

善意を差し出せなかった瞬間に、

「善意を差し出せない人間なのだ」

と自分に植え付けているのです。

少しずつ、少しずつ。

 

 

今この瞬間から、

目の前にあなたが善意を差し出せる瞬間がきたら、

迷わず、

善意を差し出してください。

 

 

それは、

誰かに褒められるとか、感謝されるとか、

そんなことのためではありません。

 

 

あなたが、

あなたに、

「自分はいつでもどこでも善意を差し出せる素晴らしい人間なのだ」

と知らせるためです。

 

 

なんの期待もせずに善意を差し出す、

その行為そのものが、

誰かに褒められ、感謝されることよりも、

ずっとずっと何倍も、

「自分は素晴らしい人間なのだ」と認める行為なのです。

 

 

大きなことをする必要はありません。

小さなことが確実にできるようになれば、

気づいた時には、

大きなことも自然とできるようになるからです。

 

 

私たちは、

いつだって善意を差し出せる人で在りたいと思っているのです。

誰のことも悲しませたくないし、

嫌な思いもさせたくないのです。

見知らぬ人であっても。

あなたが意識していなくても。

 

 

善意の小さな積み重ねが、

あなたの誇りになります。

誰の力も必要ないのです。

あなた自身の小さな行動の積み重ねで、

誇り高く生きる事ができるのです。

 

 

今この瞬間から、

行動してください。

 

 

あなたの誇り高い人生のために。

 

関連記事

  1. 人生を上向きにする魔法の質問

  2. ◆こういうのって、女としてとっても大切だと思う◆女徳指南書301号

  3. 「謙虚」

  4. 女性が身につけるべき4つの徳

  5. 誰もがみな幸せになりたいだけ

  6. 久しぶりのゴルフ

  7. ◆あなたがすべきことはただ一つ。人生のワンランクアップシリーズVol.…

  8. 起業して、経営して、恋して、遊んで、こんな素敵な人生!

error: Content is protected !!