事を為し遂げるために必ずなくてはならないもの

 

今日の女徳レッスンは、

「事を為し遂げるために必ずなくてはならないもの」

です。

 

 

まず、この写真を見てください。

これは、1909年のイスラエル。

ある日のテルアビブだそうです。

この写真、見たところ、

なーんにもないただの荒れ地です。

 

 

テルアビブは、

5月から9月までほとんど雨が降らず降水量はゼロ。

乾いた土地でも成長できるほんの少しの植物以外は何もない、

不毛の大地が広がる場所。

 

 

実は、この写真に写っている人々。

この荒れ地に家を建てて移住しようと集まり、

荒れ地を分配するために

クジ引きをしているところなのだそうです。

 

 

この後、1軒、また1軒と家が建ち、

この場所は少しずつ街になっていきました。

それが今ではイスラエル最大の都市に変貌。

こんなに発展しています。

すごいですよね・・・

 

 

なーんにも無かった荒地が、

たった100年でこれだけの大都市に生まれ変わったのです。

 

 

そして、上のほうにポツリと人が立っているのがわかりますか?

この人、実はここに集まった人たちに

『そんな夢物語は止めろ~!

 ここに街なんか作るのは不可能だ~!

 みんな目を醒ませ~!』

と叫んでいる人なのだそうです。

(話の真偽はわかりませんが・・・)

 

 

本当だとすれば、常識的な人ですよね。

この不毛の地に街ができるなんて、

夢物語にしか思えませんから。

 

 

それでも、集まった同志60人は心を一つにし、

夢物語から始まったテルアビブという街が作られていくのです。

 

 

60人からスタートした街は、

現在人口38万人の大都市へと変貌しています。

 

 

60人を動かしたものは何でしょう?

たった60人でこのような大事を成し遂げられたのは、

なぜでしょう?

 

 

「事を為し遂げるために

 必ずなくてはならないもの」

 

 

それは

「必ず為し遂げる」という「信念」

です。

 

 

60人の信念の中身はわかりません。

ご本人たちに聞いてみなければ。

 

 

「お金儲けをして一旗あげるんだ!!」

という信念だったかもしれないし、

「生まれ育った地を素晴らしい都市にするんだ!!」

という信念だったかもしれません。

 

 

いずれにせよ、

「必ず為し遂げる!!」という強い信念がなければ、

何事も形にはなりません。

 

 

あなた自身が「必ず為し遂げる!!」と強い信念を持っていれば、

何が起きても諦めることなく、実現する日がやってきます。

 

 

私自身も、そうやって色々な夢物語を現実にしてきました。

それは、これからも続きます。

 

 

仕事も、恋も、どんなことも、自分が大変だと思うことほど、

「なったらいいな」で事を為すことはできません。

 

 

あなたが「必ず為し遂げる!!」と

信念を持って取り組んでいる事は何ですか?

 

 

無料レポートを配信予定です。

ご希望の方は以下からご登録ください。

◆メルマガに登録する◆

 

 


人気のブログ記事



1.仕事も恋も思いのまま!