猛獣使い

女徳塾は強者ぞろいです。
(私も入ってるの~??っていう人もみんなそれぞれ強者ですよ・・・(笑))

感性が豊かで、それらを自分では使いこなせずに持て余し、
色んなものを抱えていて、それらを自分ではどうすることもできず、
女徳塾の門をたたくんです。

私、猛獣使いって呼ばれてますよ(笑)

どこに行っても満足せず、
どこに行っても変われなかった女性たちが、
なぜ、女徳塾の門をたたくのか。

自分を生かしたいともがいている女性たちを
なぜ、覚悟を持って受け入れることができるのか。

答えは明白。

私が誰よりも猛獣で、感性が豊かすぎて、そんな自分を全然使いこなせず、
たくさんのものを抱えすぎて、それらが自分の中だけで真っ黒く渦巻いて、
自分に振り回され、周りを巻き込んでいつだって大暴れし、
いろんなところに傷跡を残してきたからです。

そして、誰よりも猛獣だった自分を使いこなすために、
小さなことも見逃さず、何があっても諦めず、執念深く向き合ってきたことで、
これまでは傷跡として残してきた影響力を
愛情として残せるようになったからです。

あなたが経験したことをあなた自身が深く理解していれば、
悩みを抱えている人の苦しみも深く理解できます。

あなたが経験したことをあなた自身が正しく処理していれば、
相手の人生が変わるために何が必要なのかわかります。

あなたが見聞きした全てをあなた自身の中に深く腑に落とせば、
相手の心を動かせるくらい深い言葉があなたの中から生み出されます。

自分を生かして何か為したいことがあるのなら、
もっともっと幸せになりたいのなら、
自分と向き合って、自分を変えてください。
あなたが悪くないことを証明するためではなく、
あなた自身をもっともっと成長させるために。

あなたの本質を光らせてください。
あなたはもっと光を照らす存在になるべきです。

私はあなたが幸せになるために必要なことは、
絶対に見逃しません。

あなたはどんな世界だって作っていけます。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 自分を変える覚悟さえあれば、人生は必ず変えられる

  2. チーム彩乃の新年会

  3. ◆これって怪しいですか?◆女徳指南書281号

  4. 「公明正大」

  5. 「過去はどうやって傷つけてやろうと思っていたのに、今は傷つけたくないん…

  6. 第1回 女徳勉強会レポ♡

  7. 自分が変わると、理想のライフスタイルが実現する

  8. 期待を手放すということ

過去記事を読む

最近の記事