その願い、誰のため?

2016年最初の女徳塾は奈良合宿でしたが、
夜の新年会では、
芸妓さんと舞妓さんまでお呼びしました!!

実は・・・数年前に、
「いつか、芸妓さんを呼べるくらいになりたいよね」
なーんて話していたんです。

その時は「とにかく稼ごう!!」という
勢いの時でしたから、
芸妓さんを呼べるくらい稼ぐぞ!!
という意味で話していました。

でも今は「とにかく稼ぐぞ!!」の状態は
とっくに卒業しているので、
芸妓さんのことも思い出話になっていました。

ところが・・・

予期せずして、突然、叶ってしまいました!!
願えば叶うんですねぇ。

 

病気も自分で引き寄せた?!

願ったことはみんな叶うんです。
良いことも悪いことも。

ずっと昔の話ですが、
日本舞踊を習っていた頃に初舞台がありました。

でも、全然、練習もしていないし、
絶対に踊れるわけがない!!と思ったら、
なんと当日の朝に虫垂炎にかかり、
おかげで(?)舞台には立たずに済んだのでした。

怖いですね、人の想いって・・・。

怖い話はこの2つくらいですが、
逆のこともたくさんあります。

 

欲しいものは全部引き寄せてきたけれど・・・

子どもの頃から「こんな家に住みたい!」と書いていたら、
19歳の時にその通りの間取りの家に住みました。

2000万円を稼ぐぞ!!と紙に書いたら、
3年後には叶ったし、
この服のブランドでいっぱいにする!と書いたら、
気づいた時にはその通りになっていました。

他にもたくさんたくさんあります。
自分の欲望をたくさん叶えてきました。

でも、、、
なーんにも残らなかったです。
欲を叶え続けても、なーんにも残らなかった。

欲望が満たされることはなく、
虚栄心、焦燥感、虚しさ、
そういうものだけが残りました。

 

大切なことは「誰のために願うか」

願えば叶う。

それはきっと、
そんなに難しいことではないのだと思います。

でも、

自分のための願いを叶え続けても、
欲望が満たされることはなく、
虚栄心、焦燥感、虚しさ、
そういうものだけが残り・・・

それとは逆に、
人の役に立つことだけをすると決意したら、
願いが叶えば叶うほど、周りにあるものも、刻まれていく時間も、
とっても素敵なものばかりになりました。

叶うことがすごいわけでも、大切なわけでもなくて、
「誰のために願うか」が大切なのですね!

 


人気のブログ記事



1.仕事も恋も選ばれる