「過去はどうやって傷つけてやろうと思っていたのに、今は傷つけたくないんです」

「過去はどうやって傷つけてやろうと思っていたのに、今は傷つけたくないんです」

この方、泥沼の夫婦関係で離婚するために入塾したのです。でも、女徳を高めたら誰もが羨むような愛し合う夫婦になり、今日は「もっともっとやりたいことも夢もあるのに、自分がそれを押し通したら家族を傷つけてしまう・・・」と上記の言葉が出たのでした。

うぅ・・・良かったねぇ・・・と、二人で涙・・・・(*´;ェ;`*)

だって、今は本当に誰もが羨むような状態なんです。お金さえあれば幸せになれると思い、がむしゃらに努力し、たくさんの辛いことを乗り越えて・・・今はお金よりも何よりも一番欲しかったものが手に入ったんです。

信頼し合い、愛し合っている家族。理想のお客様から信頼され、先の不安も数字に追われることもなく、誰もが羨むような幸せで充実した日々。本当に良かった・・・・(*´;ェ;`*)

だからこそ、入塾当時からリアルに思い描いている大きな夢を叶えていくために動き出したいのに、家族を大切にしたいからこそ動き出せないもどかしさで、すっかり意気消沈モードになってしまったのでした。

今日は、家族を一番に大切にしながら夢を叶えていくために、まず何をどう変えていけば良いのか、具体的な方法をお伝えしました。

数ヶ月後には、また激変するでしょう!楽しみです。

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

  1. 【塾生の体験談】仕事も恋も人生が大逆転!

  2. 感謝の心が夢を叶える

  3. 誇れるものは、自分の中に、生き方に、あるもの

  4. ◆「施される系 哀れみ族」を徹底解剖!◆女徳指南書257号

  5. あなたがやってきたことに 何一つ間違いはない

  6. 女徳を高めて、自分自身が幸福になる

  7. 思いや志を大切にしているなら、形を整えることも大切

  8. 事を為し遂げるために必ずなくてはならないもの

過去記事を読む

最近の記事