「年収1,000万円を目指すと寝る暇もありません」

年収1,000万円を目指すと死に物狂いで寝る暇もありません。
それ以上の収入を目指したいけれど、どうすれば良いのかわかりません。

 

山田彩乃も2度苦しんだことがある年収のラインです。法人であれば、キャッシュフローが悪ければ年商を上げても忙しくなるばかりで収入や会社のお金もなかなか増えませんし、個人でも、年収1,000万円の壁、年収2,000万円の壁があるのですよね。

まず、お聞きしたいことがあります。なぜ、年収を1,000万円にしたいのでしょうか?年収が上がれば幸せになれるからですか?楽になれるからですか?

もしそれが答えなら、ハッキリ申し上げますが、あなたは幸せにはなれません。まずは、そこから今一度見つめ直しましょう。

女徳塾に入塾を希望される時は、みなさん「収入を増やしたい」ことも一つの目的です。それは大切で当然の欲求です。

ですが、収入が増えても、いつも何かに追われていたり、パートナーにイライラしたり、子どもに当たってしまったり、そんな状態で何の意味があるでしょうか。どこに幸せがあるのでしょうか。そうやって、人のせいにしたり、逃げたりする体質のままで、収入が増えて、本当に良いお客様に囲まれ、双方が幸せになれるでしょうか?何のための収入でしょうか?

それとは反対に、パートナーとの何気ない会話がとっても幸せだったり、子どもの寝顔を見て愛で満たされたり、無農薬の新鮮な野菜の味わいに感動したり、道ばたに小さな花を見つけてとっても嬉しくなったり、ピンク色に染まった朝焼けを見て心が満たされたり・・・そうやって、幸せはいつでもどこでも目の前にあることを感じられる自分であれば、その上で潤沢な収入があることは、こんなに幸せなことはありません。

自分と向き合ったことで素晴らしい成果を上げ、仕事も恋も選ばれる誇り高き女性として、幸せな人生を手に入れている、第3回女徳勉強会でもゲストとしてお話しいただいた笠原佑子さんと、 10月18日(日)の第4回女徳勉強会でゲストとしてお話しいただく内田露美奈さんを例にしましょう。お二人とも、女性なら誰もが憧れる、嘘のようで本当の日々を送っています。

お二人も最初から何もかもうまくいっていたわけではありません。自分と向き合い、人のせいにする自分、ずるい自分、傲慢な自分、そういう他にもたくさんの目を背けたくなるような自分がいることに気づき、認めました。気づいて認めると、自分の中の善良な部分がどんどん増えていきます。善良な部分というのは、例えば、お客様の喜ぶことだけを考える自分、人のせいにしない自分、どんな相手の言動も愛情で受け止める自分、そういった自分です。

そして、次に、本当にお付き合いしたいお客様を明確にしていきました。自分に自信がないと、自分よりももっと自信のない方をお客様にします。すると、ものすごく労力がかかったり、クレームが多かったり、お金がない方ばかり集まったりすることがあるので、自分が本当にしたいことに労力を注げなくなります。

過去の自分と同じように苦しんでいる人を助けたい気持ちはみんな持っています。ですが、それは自分が作りたい未来を作って、余裕ができてからにしないと、共倒れします。まずは、自分が自信を持って、自分が作りたい未来を作ることに注力する必要があるのはそのためです。

お二人も、自分と向き合い、気づき、認め、一つ一つ変えいていったところ、家族とこの上なく愛し合う幸せな日々になり、これまで以上に質の良いお客様が増えていき、単価が上がり、時間的余裕が増えました。当然のことながら、お客様たちは商品を購入したことで問題解決をし、喜ばれ、これまでにないくらい顧客満足度も上がっています。これが仕事も恋も選ばれる、誇り高き女性です。

「幸せはいつでも自分の目の前にあることを知る」その状態であれば、収入に固執することもなくなります。なぜなら、心から幸せだからです。その状態で適正価格の商品と、しっかりとしたお客様選びをすれば、商品を売り込まなくても、売り上げのことを考えなくても、収入が上がり、良い循環が生まれていきます。

ここからは、もっともっとワクワクするビジョンを頭の中でリアルに思い描き、それを現実にするためにどうしたらいいかを考え、実際に形にしていく、何とも楽しい作業が待っています。

収入が増やせない原因3つは、1自分の心、2商品の安売り、3間違った顧客対象です。まずは、女徳を高めましょう。自分自身が心から幸せになり、心から相手のことを考えられるようになりましょう。その上で、死に物狂いにならず、ちゃんと寝ながら、プライベートを犠牲にせずに収入を上げていく方法を考えましょう。方法はいくらでもあるので!

お金は後から付いてきますよ。(^_-)☆

 


人気のブログ記事



1.仕事も恋も選ばれる